スターバックス関連の記事一覧はこちら

【スタバのカスタマイズ完全ガイド】カスタムの方法を徹底解説

スタバカスタマイズのマニュアル

こんにちは。カスタムマニアの すたりく(@staba_kurasu)です!

 

スタバでカスタマイズをやってみたいけど、どうすればいいのかわからない

 

そんな声をよく聞きます。

そこで本記事では、スタバのカスタマイズを初心者向けにわかりやすくまとめました。

一通り読めば、次回スタバで好みのカスタマイズができるようになります。

 

この記事でわかること↓

  • スタバでできるカスタマイズの種類
  • 無料でできるカスタマイズ
  • 有料カスタムの値段

 

 

カスタマイズに失敗したくない!慣れるまでは評判のカスタムをやりたい!という方はこちらの記事をどうぞ。

人気の裏メニューをまとめています。

カスタマイズの基本

複雑に見えるカスタマイズも、すべて次の2つの組合せで表せます。

 

カスタマイズの基本

 

例えば、

シロップ変更

チョコソース追加

ホイップ増量

など。

すたりく
素材がたくさんあるので、一見難しそうに見えるだけで実はカンタンです

 

それでは、「素材」についてもう少し詳しく説明します。

目次に戻る

 

カスタマイズできる素材

 

スターバックスのドリンクを構成している主な素材は、次の通り。

全て自分好みにカスマイズができます。

 

カスタマイズできる素材

  • ホイップクリーム
  • ソース
  • シロップ
  • ミルク
  • チョコチップ
  • エスプレッソショット
  • コーヒーロースト
  • パウダー
  • 茶葉

 

ソースとシロップの違い、エスプレッソとコーヒーローストの違いなど、あとで解説するので、ここでは、カスタマイズできる素材がこれくらいあるということだけ知っておいてください。

 

目次に戻る

 

どうカスタマイズするか

では、この素材をどうカスタマイズできるのかを見ていきましょう!

次の図のように、カスタマイズの方法は5つあります。

カスタマイズの種類

 

  意味
追加 もともと入っていないものを足す
変更 入っているものを違う種類に替える
増量 もとの2倍に増やす
減量 もとの半分に減らす
削除 入っているものを全部なくす

 

ちなみに、スタバ用語では、それぞれ次のように呼びます。

  スタバ用語
追加 with または add ○○
増量 エクストラ○○
減量 ライト○○
削除 ノン○○

 

うきち
ホイップ増量なら、エクストラホイップ

ホイップ削除なら、ノンホイップ 

といった具合だよ

 

 

それでは、次の章から素材ごとに詳しくカスタマイズを解説していきます。

すたりく
数が多いので、目次を使って気になるものだけ飛ばし読みも使ってください

 

目次に戻る

 

ミルク

ミルクのカスタマイズ

ミルクのカスタマイズ

ミルクはスタバの中でもメジャーなカスタマイズの一つ。

スタバには5つのミルクがあり、ミルクを使っているドリンクは好きな種類に変更できます。

 

ミルクの種類

  • ミルク
  • 低脂肪乳
  • 無脂肪乳
  • 豆乳
  • ブラベ

 

それぞれのミルクの特徴はこちらの記事をどうぞ

 

 

うきち
ブラベミルクって何?
ブラベ(ブレベ)ミルクとは

ブラベとは、通常のミルクとホイップクリームの原液を50:50の割合で混ぜたミルクです。

カロリーが跳ね上がりますが、ブラベでしか味わえない濃厚なコクが特徴で、飲むとハマってしまう禁断のミルクです。

ブラベにするとおいしいドリンクなど、より詳しい情報は次の記事をどうぞ。

※近日公開予定

 

ミルクのカスタマイズは無料のものと、有料のものがあります。

種類 追加 変更 増量/減量
ミルク +50円 無料 無料
低脂肪乳 +50円 無料 無料
無脂肪乳 +50円 無料 無料
豆乳 +50円 +50円 無料
ブラベミルク +50円 +50円 無料

※税抜き

すたりく
低脂肪乳/無脂肪乳への変更や、ミルクの量の変更は無料でできます!

 

一方、豆乳やブラベミルクに変更したり、ミルクの入っていないドリンクメニューに追加するには+50円かかります。

 

 

MEMO

ミルクカスタマイズは、もともとミルクが入っているドリンクで行うのが一般的です。

でも、ドリップコーヒーなどのミルクの入っていないドリンクに温かいミルクスチームミルクを追加するカスタマイズも可能です。

このカスタマイズをスタバ用語で「デイリー」と呼びます。

デイリーを活用するとこんな節約術もできます↓

スタバのティーラテを50円安く飲む方法!お得な裏ワザを紹介します

 

フォームミルクもカスタマイズ可能
フォームミルク

フォームミルク

カプチーノ、キャラメルマキアート、スターバックスラテに代表とされるドリンクの表面を覆っているふわっふわの泡のミルクを「フォームミルク」と呼びます。

こちらも無料で増量したり、減量ができます。追加する場合は+50円かかります。

フォームミルク

  • 増量/減量…無料
  • 追加…+50円+税

 

目次に戻る

 

ホイップクリーム

ホイップクリーム

ホイップクリームのカスタマイズ

ドリンクの上にトッピングするだけで一気にデザート感がアップするホイップクリーム。

ふわっふわの口あたりで、ドリンクと一緒に飲むとまろやかな味の変化を楽しめます。

 

ホイップは甘いと思いがちですが、スタバのホイップクリームは無糖なので甘くありません。ドリンクそのもののテイストを邪魔しないよう作られています。

 

すたりく
ホイップの増量は豆乳に次いで2番目に多い人気カスタマイズです

 

ホイップクリームはドリンクだけでなくフードにも追加できます。

ホイップクリームが追加できるもの

  • ドリンク
  • フード

 

ホイップクリームの料金は、ドリンクとフードで異なります。

 

ドリンクのホイップクリーム

追加 変更 増量/減量 削除
+50円 無料 無料 無料

※税抜き

フードのホイップクリーム

追加 増量
+30円 無料

現在、スタバで販売されているフードは、こちらの記事でまとめています。

【最新】スタバ全フードメニューのカロリー一覧表(新作)

 

MEMO

たまにしかできないためあまり知られていませんが、コーヒー味のホイップクリームもあります。通常のホイップから無料で変更することも可能です。

 

ホイップクリームそのものは無糖なので、チョコレートソース、キャラメルソース、シナモンパウダーやハチミツなどをかけて自分好みにアレンジして楽しみましょう!

 

ホイップクリームのカロリー・糖質や裏ホイップなど、さらに詳しい情報はこちらの記事をどうぞ。

 

目次に戻る

 

シロップ

シロップのカスタマイズ

シロップのカスタマイズ

ソースと違い、ドリンクのベースと混ぜて甘みやテイストを加えるのがシロップです。

バニラフラペチーノには、バニラシロップ

チャイティーラテには、チャイシロップ

シロップを使ってドリンクのフレーバーを作っています。

 

スタバでは、基本のシロップ7つと季節限定のシロップ2つの合計9種類があります。

 

シロップの種類

  • バニラシロップ
  • キャラメルシロップ
  • モカ(チョコ)シロップ
  • ホワイトモカシロップ
  • アーモンドトフィーシロップ
  • クラシックシロップ
  • チャイシロップ
  • バレンシア【夏限定】
  • ジンジャー【冬限定】

 

シロップカスタマイズの値段

追加 変更 増量/減量 削除
+50円 無料 無料 無料

※税抜き

上記の通り、シロップの量の変更や、種類の変更は無料できます。

すたりく
キャラメルマキアートのシロップはバニラシロップですが、キャラメルシロップに無料で変更してキャラメルづくしにすることもできるんです

 

他の種類のシロップをドリンクに追加するには+50円の有料カスタマイズになります。

 

シロップカスタマイズができるようになるとかなりカスタマイズの幅が広がります。白桃フラペチーノなどの裏メニューなどもオーダーできますよ。

シロップのカスタマイズを使ったおすすめドリンクは、こちらの記事をご覧ください。

ドリンク毎にどのシロップを使っているのかも記載しています。

 

目次に戻る

 

ソース

ソースのカスタマイズ

ソースのカスタマイズ

ソースは、ホイップクリームやフォームミルクの上からトッピングしてもらえます。基本的にはどんなドリンクでも、フードでもOKです。

ソースは次の種類が用意されています。

ソースの種類

  • チョコレートソース
  • キャラメルソース

 

すたりく
ソースカスタマイズの嬉しいところは、全部無料でできるところ

ソースカスタマイズの値段

追加 変更 増量/減量 削除
無料 無料 無料 無料

 

カロリーも(チョコ)12kcal、(キャラメル)17kcalと低いので気軽にできますね。

スタバのカスタマイズをしたことがない方は、ソースのカスタマイズからチャレンジしてみるのがオススメです。

 

ソースを追加するとおいしくなるドリンクは次の記事で紹介しています。

 

目次に戻る

 

チョコチップ

チョコチップのカスタマイズ

チョコチップのカスタマイズ

チョコレート好きにぜひ試してほしいチョコチップカスタマイズ。

フラペチーノ限定のカスタマイズになります。チョコチップを加えるとデザート感が一気にアップします。

 

ブレンダ―で細かく砕いて使うので、つぶつぶの食感が楽しめます。

もっとダイレクトにチョコを味わいたい時は、砕かずホイップクリームの上にトッピングしてもらうことも◯。

 

チョコチップカスタマイズの料金は次の通り

チョコチップの値段

追加 増量/減量 削除
+50円 無料 無料

※税抜き

チョコ好きの人は、チョコレートソースもかけてもらいましょう(無料)。

 

チョコチップの人気のドリンクなどより詳しいことは、次の記事でまとめています。

すたりく
今日はたまのご褒美にチョコづくしのフラペチーノが飲みたい!という方にはぜひ、人気の裏メニュー”チョコレートクリームチップフラペチーノ”をどうぞ

 

目次に戻る

 

茶葉

 

ティーラテ

ホットティーやティーラテ(いわゆるミルクティー)に好きな茶葉を追加することができます。

アールグレイティーにユースベリーの茶葉を追加する、みたいな自分好みのブレンドを作れます。

 

ホットティーとティーラテで追加できる種類が異なります。

ホットティーで追加できる茶葉

  • ほうじ茶
  • イングリッシュブレックファースト
  • アールグレイ
  • カモミール
  • ミントシトラス
  • ハイビスカス
  • ユースベリー

 

ティーラテ(ミルクティー)で追加できる茶葉

  • ほうじ茶
  • イングリッシュブレックファースト
  • アールグレイ
  • カモミール
  • ミントシトラス

それぞれの茶葉の特徴は次の記事で紹介しています。【2019年版】スタバ全ドリンクメニューのカロリー一覧表

 

茶葉追加カスタマイズの料金は次の通り

茶葉追加の値段

  • +100円+税/ティーバッグ

 

 

茶葉の追加以外にも本記事で紹介しているカスタマイズをいろいろと組み合わせできるのがティーラテの魅力の一つです。もっと詳しく掘り下げて記事にしたのであわせてお読み下さい。

すたりく
ティーラテはほんとにいろいろとカスタマイズできるので自分好みの一品を探すのも楽しいよ

 

目次に戻る

 

セルフサービスで無料カスタマイズ

コンディメントバー

コンディメントバー

ほとんどのスタバの店舗には、シュガーやハチミツ、パウダーなど、自由に使っていい「コンディメントバー」と呼ばれるスペースが設けられています。

 

コンディメントバーの内容

  • ガムシロ
  • ハチミツ
  • ココアパウダー
  • シナモンパウダー
  • オレンジバニラシュガー
  • ブラウンシュガー
  • ダイエットシュガー
  • グラニュー糖
  • ミルク(アイス)
  • 無脂肪乳(アイス)
  • ポーションミルク

 

特に、シナモンパウダー、ココアパウダー、ハチミツ、ガムシロあたりが人気です。

 

すたりく
コンディメントバーの良いところは、なんといってもすべて無料なところ

 

POINT
コンディメントバーは、すべて無料

 

おすすめのカスタマイズ例など、より詳しい内容はこちらの記事をどうぞ。

 

目次に戻る

 

シトラス果肉

シトラス果肉のカスタマイズ

シトラス果肉のカスタマイズ

シトラス果肉とは、「ピンクグレープフルーツや桃の果肉、ゆずのビールを使用し、それらのソースを混ぜて、ジャム状にしたもの」です。

さっぱりとした甘さと酸味、ほんのりとした苦味、ビールの果肉感が楽しめます。

 

シトラス果肉を使っている通常メニューは「ゆずシトラス&ティー」ですが、他のドリンクにも追加できます。

特にフラペチーノに追加すると、フォトジェニックな見た目になっておすすめです。

シトラス果肉の値段

追加 増量 減量 削除
+100円 +100円 無料 無料

※税抜き

 

他の素材は、無料で増量できることが多いですが、シトラス果肉は増量も+100円かかります。

 

すたりく
バニラクリームフラペ、マンゴーパッションティーフラペ、ダークモカチップフラペに入れるとめちゃくちゃおいしくなるので、ぜひ試してほしい

 

 

シトラス果肉のオススメドリンクは次の記事で紹介しています。

 

目次に戻る

 

エスプレッソショット&コーヒーロースト

もっとコーヒー感を強くしたい。

そのままではフラペチーノが甘すぎる。

抹茶とコーヒーの組み合わせが大好き。

 

そんな方におすすめしたいのが、コーヒーを追加するカスタマイズ。

スタバでは、2種類のコーヒー系カスタマイズが用意されています。

コーヒー感がUPするカスタマイズ

  • エスプレッソの追加
  • コーヒーローストの追加(フラペチーノ限定)

それぞれの特徴は次の通り↓

エスプレッソとは

エスプレッソ

専用マシンで高い圧力をかけて抽出した30mlの濃厚なコーヒー。

次に紹介するコーヒーローストよりもコーヒーの味や香り、苦味が豊かです。

コーヒーローストとは

コーヒーロースト

コーヒーフラペチーノなどに使われているフラペチーノ専用のコーヒーベース。

エスプレッソより、優しいコーヒー感が特徴です。

ディカフェ(カフェインレス)にすることができません。

すたりく
より濃厚なコーヒー感が味わえるエスプレッソを追加する人が多いようです

 

カスタマイズ料金はどちらも同じです。

コーヒー系カスタマイズの値段

  追加 増量 減量
エスプレッソ
+50円 +50円 無料
コーヒーロースト +50円 +50円 無料

 

エスプレッソは、抹茶やキャラメルと相性バツグンです。

また、エスプレッソを使ったフラペチーノ「エスプレッソアフォガートフラペチーノ」もすごい人気です。

より詳しい内容や、おすすめカスタマイズ例は次の記事でまとめています。

 

目次に戻る

 

ディカフェ

妊娠中・授乳中や、アレルギーなどカフェインを摂取したくない場合は、ノンカフェインのドリンクにすることができます。

スタバでは、ノンカフェインのことを「ディカフェ」と呼びます。

 

スタバのカフェイン除去は、「CO2 Method」という水と毒性のない二酸化炭素のみを使った方法で行います。

 

この方法により、99%以上のカフェインを除去し、しかも、薬品を使わないのでコーヒー本来の味や風味を保っています。

 

すたりく
スタバはノンカフェインでもおいしいんです

 

ディカフェには次のものができます。

ディカフェができるもの

  • エスプレッソを使っているドリンク
  • コーヒーを使っているドリンク

 ただし、フラペチーノは1つを除き、ディカフェにはできません。

 

料金は次の通りです。

ディカフェの値段

  税抜
ディカフェに変更 +50円
ディカフェの
エスプレッソを追加
+50円

 

具体的なディカフェ対応ドリンクなど、より詳しい情報は、次の記事でまとめています。

 

目次に戻る

 

パウダー

※近日公開予定

 

目次に戻る

 

ティーに関するカスタマイズ

※近日公開予定

 

目次に戻る

 

温度・氷・ヒーティング

スタバでは、温度に関して3つのカスタマイズができます。

  • ドリンクの温度の変更(熱め、ぬるめ)
  • 氷の量の変更(多め、少なめ、なし)
  • フードの温め時間の変更(長め、短め)

 

すたりく
全て無料で対応してもらえます

順番に説明します。

 

 ドリンクの温度の変更:無料

温度の変更

長居するからアツアツで提供してほしい

逆に、猫舌だからぬるめがいい

 

そんな時は、オーダー時に「熱めで」「ぬるめで」と伝えましょう。スタバ用語で「エクストラホット」「ライトホット」とも言います。

  温度
通常 66℃〜77℃
熱め(エクストラホット) 77℃に近い温度
ぬるめ(ライトホット) 66℃に近い温度

 

すたりく
冬はエクストラホットによくしてもらうよ

 

温度のカスタマイズは、ドリンクによってできるものとできないものがあります。

温度調節できないもの

・ミルクを使っていないドリンク (例 ドリップコーヒー、ホットティーなど)

 

氷の量の変更:無料

氷

アイスのドリンクやフラペチーノに入れる氷の量をカスタマイズできます。

氷の量

  • 多め
  • 少なめ
  • なし(フラペチーノは除く)

 

氷を減らしてもドリンクの液量は変わりませんが、ミルクを使っているドリンクは減った分、ミルクを増やしてもらうこともできます。

フラペチーノの場合は、氷を多めにすると固めに、少なくするとゆるめに仕上がります。

 

 

フードの温め時間の変更:無料

ヒーティング

ワッフルやバケットなどのフードを温めることを「ヒーティング」と呼びます。

このヒーティングの時間も変更できます。

ヒーティングの変更

  • 長め
  • 短め

 

クッキーやシナモンロール、スコーン、キッシュなどいろいろと温めてもらえるフードがあるので、自分好みの温め具合を見つけましょう。

いま、スタバで販売されているフードは次の記事でまとめています。

 

ドリンクの温度・氷の量・ヒーティングの3つカスタマイズのより詳しい内容は、次の記事でまとめています。

 

目次に戻る

 

フタなし

※近日公開予定

 

目次に戻る

 

あわせて読みたい

長年スタバファンの間で人気の裏メニューをまとめました。

カスタマイズが多すぎてやっぱり、どう組み合わせたらわからない…という方は、この中から選んでみてください。

 

目次に戻る