スターバックス関連の記事一覧はこちら

スタバのティーラテを50円安く飲む方法!お得な裏ワザを紹介します

最終更新日:2019年5月14日

スターバックスのティーラテを50円安く飲む方法があるのをご存知ですか?

 

その方法とは注文時に、、、

 

 

 

  • STEP.1
    ホットティーを注文
    アールグレイ、ほうじ茶など7種類の茶葉の中から好みのものを注文します。
  • STEP.2
    カスタマイズを注文
    「デイリー追加で」と伝えましょう。
  • STEP.3
    完了
    たったこれだけで普通にテーラテを注文するより50円やすくなります。

 

 

これがすべてです。これだけでわかる方は、この先は読む必要はありません。次回チャレンジしてみてください。

 

よくわからないという方は、続きをお読みください。

ティーラテの構成

スターバックスのティーラテは、次の構成で作られます。

 

  1. 茶葉+お湯
  2. ミルク
  3. シロップ

 

このように3つで構成されています。

つまり、この3つが揃えばティーラテになるわけです。

 

そこで、それぞれを次のように揃えます。

①茶葉+お湯 →ホットティーを注文

②ミルク → デイリーで加える

③シロップ → 無料のシロップを加える

 

デイリーって何?と思う方も多いと思います。

順に説明します。

 

目次に戻る

選べる茶葉

まず、ホットティーでオーダーする茶葉を選びましょう。

現在、次の茶葉が選択できます。

 

 

  • イングリッシュブレックファスト
  • アールグレイ
  • ほうじ茶
  • カモミール
  • ミントシトラス
  • ハイビスカス
  • ユースベリー

 

 

通常のティーラテは、上から5つまでしか選べません。

この裏ワザから作る場合は、ハイビスカスとユーズベリーも可能になります。

 

全部で7種類の茶葉から選べます。

 

目次に戻る

デイリーを追加

レジで希望の茶葉を伝えたら、「デイリーを追加してください」 と伝えてください。

 

デイリーとは
スターバックスでは、もともとミルクが入っていない飲み物にスチームで温めたミルクを加えるカスタマイズのことを「デイリー」と呼びます。

乳製品を意味する「Dairy」で、毎日のDailyではありません。カスタマイズ料金は+50円になります。

 

 

ミルクだけでなく、豆乳を入れることもできます。

また、通常のティーラテと同様、お湯とミルクの割合も指定できます。

お湯を3、ミルク7など。

何も言わなければ5:5になります。

 

目次に戻る

 

シロップはコンディメントバーで入れる

支払いをした後、ドリンクを受け取ります。

 

このままでは、シロップが入っていないので、コンディメントバーに移動して自分でシロップやはちみつを加えましょう。

ガムシロップ、はちみつ

ガムシロップ、はちみつ

コンディメントバーとは、シロップやパウダーなど自由にカスタマイズできるスペースです。ほとんどの店舗で設置されています。

スタバのコンディメントバーとは?内容やおすすめの使い方まとめ

 

シナモンパウダーなどを加えてもおいしいですよ。

 

目次に戻る

価格の比較

最後に、各ドリンクサイズごとの価格に比較表を掲載します。

(税抜き、単位:円)

 

ショート
240ml

トール
350ml

グランデ
470ml

ベンティ
590ml

正規のティーラテ400440480520
ホットティー340340380420
↪デイリー追加(+50円)390390430470
お得額 -10 -50 -50 -50

 

スタバのドリンクサイズについては、こちらをお読みください。スタバサイズの読み方は?結局どれがお得なの?容量・値段・カロリーを比較!

 

表の通り、トールサイズ以上であれば正規の料金より50円安くなります。

ショートの場合は、10円しか安くなりません。

 

目次に戻る

 

まとめ

ティーラテを普通にオーダーするより、50円安くなる方法を紹介しました。

 

実は1つだけ欠点もありまして、、

通常のティーラテでは、シロップの変更が無料できます。

バニラシロップに変更など。

 

 

でもこの裏ワザでは、無料のガムシロか、はちみつしか選べません。

それでも良い方は、毎回50円安くなるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

あわせて読みたい

同様の裏ワザで、カフェミストも安く飲めます。詳しくはこちら。

スタバの一番安い飲み物はなに?【1杯だけの時/2杯飲むとき】

 

スターバックスのお得な利用方法は、こちらの記事でまとめています。

スタバを安く利用する裏ワザ全まとめ:毎日通っている私の方法を公開!