スターバックス関連の記事一覧はこちら

スタバサイズの読み方は?結局どれがお得なの?容量・値段・カロリーを比較!

starbucks drink size

最終更新日:2018年3月12日

スターバックスのドリンクサイズは「S、M、Lサイズ」とは呼びません。スタバでは以下の4つのサイズ名で呼びます。

 

・ショート(Short)
・トール(Tall)
・グランデ(Grande)
・ベンティ(Venti)

 

グランデ? ベンティ?

 

これらは聞きなれないことばなので、戸惑うひとも多いでしょう。なんとなくショートが最も小さく、グランデが最も大きそうですが、具体的にどのくらい量が違うのでしょうか?

 

また、値段やカロリーはどのくらいかわるのでしょうか?

 

この記事では、スターバックのサイズの呼び名、ドリンク量など基本的なことから、どのサイズがお得なのかまで詳しく解説していきます。 覚えてしまえば、なんのことはないので、レジで慌てないよう事前に予習しておきましょう!

 

 

 

 

スタバのサイズの呼び名(名前)と容量

starbucks size short tall grande Venti

スタバでは、次の順番でドリンクのサイズが大きくなります。

  1. ショート(Short)240ml
  2. トール(Tall)350ml
  3. グランデ(Grande)470ml
  4. ベンティ(Venti)590ml

 

 

ミリリットルで表してもイメージしづらいですね。それぞれのサイズの目安を入れながら次からひとつひとつ見てきます。

 

ショート 

starbucks size short

スタバでもっとも小さいサイズがこのショートサイズ。240mlです。 250mlのロングの缶コーヒーとほぼ同じ容量です。また、日本で販売されている少し小さめのマグカップの容量も250mlですから、ほぼ同じ量になります。

 

いつも飲んでいる量をオーダーするなら、ショート(Short)サイズを注文しましょう。

 

ただ、ショートサイズはメニューによっては無かったり、あってもメニュー表に記載されていないことがあります。「季節限定商品」では無いことが多いです。それ以外は、ショートサイズもオーダーできることもあるので、メニュー上で見つからない場合は、店員さんに聞いてみましょう。

 

 

トール

starbucks size tall

日本のスタバの標準的なサイズは350mlのトールサイズになります。メニュー表にはトールサイズの文字が一番大きく書かれています。350mlですので、一般的な缶ジュースと同じ容量ですね。

 

調査によると、スタバ利用者が一番オーダーするのもトールサイズだそうです。たしかに、私もショートだと少しもの足りなく感じるので、トールサイズを注文することが多いです。

 

 

 グランデ

starbucks size grande

ペットボトル1本よりすこし少ない量がグランデ(470ml)。およそショートサイズの2倍になります。仕事や勉強しながら、たっぷり味わいたい人はこのサイズがおすすめです。

 

 

ベンティ

starbucks size Venti

もっとも大きいベンティ(Venti)は一目でおおきい!と分かるとおり、500mlのペットボトル以上のボリュームがあります(笑)。他のチェーン店ではLLサイズに相当します。

 

 

さらに、アメリカのスタバではベンティよりさらに大きいトレンタ(Trenta)約910mlなんてものもあります。

さすが、なんでもデカいアメリカ!

 

サイズと価格

サイズごとの値段はドリンクの種類によってことなります。ドリップコーヒー(本日のコーヒー)を一例に、サイズと価格をみてみましょう。

  1. ショート(Short)240ml:280円
  2. トール(Tall)350ml:320円
  3. グランデ(Grande)470ml:360円
  4. ベンティ(Venti)590ml:400円

 

このようにスタバでは1サイズ上がると、40円高くなります。

 

ドリップコーヒー?本日のコーヒー?
スタバのドリップコーヒーの豆は、銘柄が数種類あり時期によっても入れ替わります。また、店舗毎にその日何を出すか決めることもあります。
このように豆の銘柄がいつも同じでないため、その日飲めるドリップコーヒーのことを「本日のコーヒー」とも呼びます。

「ドリップコーヒー」=「本日のコーヒー」

本日のコーヒーのブランド

レジ横に銘柄の札があります

レジ横に掛けられた札を見れば、その日の銘柄がわかります。

 

ドリンクによっては、ショートサイズがなかったり、トールサイズのみの場合もあります。注文したいドリンクのサイズ展開や料金を知るには、スターバックス公式アプリを使うとかんたんに調べる事ができます。

スタバ公式アプリはこんなに便利:使い方を詳しく紹介

 

 

どのサイズが一番お得?

サイズが1つ上がるごとに40円高くなりますが、コスパ的にはどのサイズが一番お得なのでしょうか?ドリップコーヒーを一例に見てみます。

  ショート トール グランデ ベンティ
240ml 350ml 470ml 590ml
値段 280円 320円 360円 400円
100ml当たり 117円 91円 77円 68円

 

100ml当たりの単価を見ると、ベンティが圧倒的にお得ですね。

 

 

単価で比較するよりこちらの方がお得度がイメージしやすいかも。

ショート(Short)とベンティ(Venti)のドリンク量は約2.5倍違います。

ショートは280円ですから、単純にベンティサイズなら2.5倍の700円のはずですよね。

 

しかし、実際は400円です。

 

その差は120円しか変わりません。120円多くだすだけで、ショートの2.5倍のドリンクを飲めるので、お得ですね。

 

 

量が多いことのデメリット

では、逆にサイズが多いことのマイナス面も知っておきましょう。

飲みきる前に冷める/氷が溶ける

量が多いと飲みきるのに時間がかかるため、ホットなら冷めてしまいますし、アイスなら氷が溶けて薄まってしまいます。

最後まであつあつ(冷たいまま)で飲みたい方にとっては、例えお得であっても嬉しくありませんよね。

 

そんな時は、「ワンモアコーヒー」サービスを利用しましょう。

 

おかわりサービスで2杯目が100円

ドリップコーヒーを頼むと「ワンモアコーヒー(One More Coffee)」、いわゆる「おかわりレシート」と呼ばれるレシートがもらえます。このレシートがあれば、同じサイズのドリップコーヒーをもう一杯、たった税抜き100円で購入できます。

ドリップコーヒーを購入すると貰えるレシート

ドリップコーヒーを購入すると貰えるレシート

 

ワンモアコーヒーについて
・一杯100円でおかわりできるのはドリップコーヒーだけで、他のドリンクではできません。
・3杯目は正規料金になります。
・ドリンクサイズは、1杯目と同じサイズになります。
・購入したその日であれば、日本全国どこのスタバでもお替りが可能です。

これなら、2回に分けて飲めるので、最後までおいしく飲むことができます。

 

一例で、ベンティサイズを1杯飲むときと、トールサイズをワンモアコーヒーを使って2杯飲むときで、量と値段を比較してみます。

 

ベンティサイズ 1杯 590ml 400円
トールサイズ 2杯 700ml 420円

 

トールサイズ2杯の方が20円高くなりますが、量は110mlも多いので断然お得です。しかも、あつあつ(冷たいまま)で2回飲めますしね。

 

「ワンモアコーヒー」について、より詳しい情報は次の記事でまとめています。ドリップコーヒーに限らず、スタバでとにかく安いドリンクを注文するという観点でも書いているので、興味のある方もどうぞ。

 

 

カロリーが気になる!

これまでは、ドリップコーヒーを例に見てきましたが、その他のドリンクではどうでしょうか?

人気の抹茶クリームフラペチーノのサイズ毎の価格は、

抹茶クリームフラペチーノ

・ショート430円

・トール470円

・グランデ510円

・ベンティ550円

 

キャラメルフラペチーノも同価格です。最も小さいショートと大きいベンティの価格差は、120円なのでカロリーさえ気にしなければ、ドリップコーヒーと同じく大きいサイズを頼むほど、お得になります。

 

と言っても、甘いドリンクはやっぱりカロリーが気になりますよね。

 

各サイズによってどのくらいのカロリーになるのか、スタバ人気メニューの3種について調べてみました。

単位:kcal ショート トール グランデ ベンティ
抹茶クリームフラペチーノ 301 329 468 575
キャラメルマキアート(ホット:ミルク) 142 208 277 353
キャラメルフラペチーノ(ミルク) 272 302 421 506

 

こうしてみると、ベンティのカロリーはやばいですね。もはやドリンクの域を超えています(笑)

 

ドリンクの種類によって、量とカロリーの比率が異なります。キャラメルマキアートは量が2倍になればカロリーも2倍ですが、抹茶クリームプラペチーノやキャラメルフラペチーノは、1.5倍程度と抑えられています。もともと、カロリーが高いんですが(笑)

 

その他のカロリーについてはこちらをどうぞ→スタバ公式カロリー一覧表

 

カフェインを取りすぎてしまう

コーヒー系のドリンクをたくさん飲むと、当然カフェインも多く摂取してしまいます。

カフェインの覚醒作用で夜寝れなくなったり、利尿作用でトイレが近くなったり、妊婦さんも控えていると思います。

 

たくさん飲みたいけれど、カフェインは取りたくない方は、「ディカフェ」にしましょう。

スターバックスでは、+50円払うことで、カフェインレスにすることができます。スタバではこれを「ディカフェ」と呼びます。有料オプションになってしまいますが、これならカフェインを気にせず、大きいサイズも注文できますね。

 

 

グランデ?ベンティ?って何語

ショート(Short)は短いという意味の英語ですね。

同じくトール(Tall)も高いという意味の英語。

ここまではなじみのある英語なのでわかりやすいです。

 

 

一方、グランデとベンティは何語なんでしょうか?

 

 

 

実は、

 

イタリア語になります。

 

イタリア語でグランデ(Grande)は「大きい」という意味です。

ベンティ(Venti)は「20」の意味になります。イタリア語で液体の容量を表す単位はオンスといい、20オンスをmlに直すと590mlになります。

 

つまりベンティとは、「20オンス」のオンスが取れて、20だけで呼んでいることになります。

 

アメリカなどで売られているトレンタ(Trenta)は“30”の意味になります。30オンス=910mlといった具合です。

 

 

ん? なんだかちょっと名前のルールが統一されてないような……

 

 

グランデ→ベンティ→トレンタの順でイタリア語の意味を書いてみると、

 

大きい、20、30

 

なんでグランデのサイズだけ「大きい」を意味する言葉にしたんだろうと思いますよね。 470ml=16オンスですから、16を意味するイタリア語Sedici(セーディチ)とかになぜしなかったのでしょうか?

 

 

その理由はどうやら、Grandeという響きが英語の「Grand」を連想させるからというようです。Grandは「豪華な、贅沢な、壮大な」といった意味です。

 

たしかに「セーディッチサイズ プリーズ」というより「グランデ プリーズ」と言った方が響きが良いですね。 サイズの名前ひとつとっても、ブランドイメージを大事にするスタバの細かい配慮が伺えますね。

 

Starbucks-Concept-Store-in-Amsterdam

Photo by RienMeulman

 

 

なぜイタリア語を使うのか

そもそも、なぜ、スターバックスではイタリア語を使ってサイズを呼ぶのでしょうか?

それは、スターバックのCEOハワード・シュルツさんがエスプレッソ発祥の地 イタリアを訪れた際、高い品質のエスプレッソ、素晴らしい接客、今でも多くの人がコーヒーを飲む文化に感銘を受けて、敬意を表してイタリア語を採用したと言われています。

wikipedia:ハワード・シュルツ

 

この他にも、大きいサイズをあえてイタリア語にすることで、オーダーする時消費者に、値段やカロリーに注意を向けさせないといった意味もあるのではと言われています。 「LLサイズ下さい」と口に出していうと、値段やコストを意識しちゃいますよね。

 

 

f:id:starbucksfreak:20170520184748j:plain

タンブラーの容量

お気に入りのマイタンブラーにドリンクを入れてもらえば、紙カップに入れてもらうより、おしゃれで嬉しくなりますよね。しかも、保温、保冷されますから、長くドリンクを楽しむことができます。

スターバックスで今売られているタンブラーの代表的なサイズは以下になります。

・トール(Tall)350ml

・グランデ(Grande)470ml

 

オーダー時に持参したタンブラーを渡すとそちらに入れてもらえます。あまり知られていませんが、この時、持ち込んだタンブラーのサイズに合うドリンクを注文しないといけないわけではありません。大きいタンブラーに少ないドリンクを注文することも可能です。

 

たとえば、タンブラーのサイズよりワンサイズ小さいドリンクをオーダーして、店内に置いてある、無料の無脂肪乳をたくさん入れて飲むなんてこともできますね。

 

ちなみに、タンブラーやマグカップを持参すると、20円引きでドリンクを購入することができます。紙カップ削減によるエコ増進が目的ですから、スタバ公式のタンブラーやマグカップに限りません。他メーカーのものでも可能です。こんな記事もあります↓

【写真あり】マイタンブラーにフラペチーノは入れてもらえるの?スタバの疑問を解決

 

しかも、飲み終わったあとはお願いすれば店内で洗ってもらえます!

 

タンブラーは店頭やスタバ公式オンラインショップなどで購入できます。スタバのデザインはおしゃれですから、気に入ったものが見つかればさらにスタバライフが楽しくなりますね。こちらの記事で詳しく解説しています。

スタバのタンブラー&水筒を徹底解説!(値段,割引,性能,使い方,サイズ)

 

ボトルの中間位置で分解できる「サニーボトル」、「ウォーターボトル」もおすすめ。女性に大人気です。

【スタバの水筒】サニーボトルはおしゃれで実用的!使い方から特徴まで詳しく紹介します♪

 

スターバックスのマグについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

【2018最新版】スタバのマグカップを一挙ご紹介。ご当地:限定品も♪

 

 

まとめ

 

スターバックスのドリンクサイズは4つあり、

ショート<トール<グランデ<ベンティ の順に容量が大きくなります。

 

サイズが大きくなるほどお得になるので、飲みきれる範囲でサイズを選択してくださいね。ベンティサイズはかなりのカロリーになるので、飲みすぎにはご注意を(笑)

 

 

わたしがはじめてスタバに行ったのは就職してからです。それまでなかなか敷居が高そうにみえて避けていました(笑)

 

だって、メニューは長いカタカナがおおいし、サイズは何語?、どうやって注文するの?、どこで受け取るの?などなど わからないことが多くて、はずかしい思いをしたくなかったですね。

 

だから、はじめてオーダーできたとき、うれしかったのを覚えています。 昔のわたしのように、スタバのオーダーの仕方がよくわからないなんてことで、一歩踏み出せない方がいたらもったいない。そんな方にとって、この記事がスタバに行く機会に繋がったら、とても嬉しいです。

 

 

あわせて読みたい

お財布を気にしながらサイズを決めたり、オーダーするものを選んでいませんか?

本当はもっと頻繁に通いたいけど、金欠で我慢していませんか?

 

スターバックスには、クーポンなど無料で飲む方法がいくつかあります。スターバックスをお得に使い倒すという観点で1つにまとめたこちらの記事もどうぞ。