スターバックス関連の記事一覧はこちら

【2018年】ガッツリ稼ぎたい人におすすめの最強ポイントサイト9選:メリット、貯めやすさを比較・評価

【2018】「ガッツリ貯める派」におすすめの最強ポイントサイト9選:メリット、貯めやすさを比較・評価

最終更新日:2018年11月5

こんにちは、2016年からポイントサイトを利用して毎月2~3万円をコンスタントに稼いでいる すたりく です。

 

これまでに、ポイントサイトを使ったお小遣い稼ぎを複数の友人に勧めてきましたが、次のような相談を受けることがよくあります。

 

 

「ポイントサイトをいくつか利用してみたけど、他にもたくさんのポイントサイトがあって、どれが良いのかわからない、、、」

 

「本当に稼げるポイントサイトはどれなの?」

 

「登録しているポイントサイトの数が増えてしまって管理が大変。絞りたいけどどれを残したらいいの?」

 

 

2018年現在、ポイントサイトは50サイト以上もあります。各社、しのぎを削っており、他社の良いサービスは自社サイトにどんどん取り入れるため、その結果どのサイトも似たような内容になっています。

よく見ると、細かい違いがあるのですが、複数のポイントサイトを細かく調べていくのは大変です。

公式サイトでウリとして強調していても、実は他のポイントサイトの方が、条件が良かったり、そもそも弱点(デメリット)などは公式サイトでは書いていませんしね。

 

 

そのため、ポイントサイトを選ぶのに困っている人はたくさんいると思います。

 

 

ポイントサイトの比較がむずかしい

 

 

そこで、有効なのが私のような個人ブロガーの比較記事ですが、これにも注意が必要なポイントがあります。

 

それは、「ポイントを稼ぐ方法が無数にあるため、自分の稼ぐ方法と違うものを基準に比較・評価している記事はあまり参考にならない」と言うことです。

 

ポイントサイトでは、

 


・ログインボーナス

・クリックメール

・アンケート

・ミニゲーム

・会員登録

・資料請求

・FX

・クレジットカード発行、、、


 

などなど稼ぐ方法はたくさんあります。

 

 

すべての案件で、他社を上回るポイントを叩きだしている王者のようなポイントサイトがあれば別ですが、今の所、各社強いサービス、弱いサービスがあります。

 

例えば、

「ポイントタウン」はミニゲームがとても充実しているのですが、クレジットカードやFX案件はポイントが低いです。

 

「モッピー」は、クレジットカード、FX案件に高額ポイントを付けますが、モニター案件の取扱いがありません。

 

「ちょびリッチ」はモニター案件の取扱いがある上に、会員ランク制度によるボーナスポイントまで付きます。しかし、2ポイント=1円となっており、ポイントレートが紛らわしいデメリットがあります。

 

その点、「ハピタス」は1ポイント=1円とわかりやすい上に、ネットショッピングが最強ですが、クレジットカード案件はポイントが低めになっています。

 

 

このようにポイントサイト毎、強いサービス、弱いサービスがあるのです。

 

 

つまり、自分と同じ稼ぎ方でポイントサイトを比較しないと、意味がないのです。

 

ネットを見ると、毎日コツコツ貯める方法の比較記事はたくさんあるのですが、会員登録、モニター、クレジットカードなどに代表されるガッツリ稼げる案件で比較した記事が少ないように思います。

 

 

・・・というわけで、今回、中~高額案件で各ポイントサイトを比較してみました。

 

また、1ポイント当たりの価値やポイントの有効期限など、各社バラバラな情報も整理してお見せします。

 

 

「こつこつポイントを貯めるには、なかなか時間が取れない。クレジットカードやモニターなどで効率的にポイントを貯めたい」という人の参考になれば幸いです。

 

MEMO

本記事では、他のポイントサイトと比較して標準的な内容は、省略しています。他社と差がない点まですべて掲載するとボリュームが膨大になり、強みや弱みに注目しづらくなるからです。よって、特に記載のない内容は他社と比較して平均的な内容と判断してください。

当ブログがおすすめする「ガッツリ」案件とは

まず、比較対象とするガッツリ稼げる案件(以降「ガッツリ案件」と呼びます)と、本記事では対象としない「コツコツ案件」を定義しておきます。

 

調査・比較対象

ガッツリ系サービス

調査・比較対象外

コツコツ系サービス

 

本記事では、上記の「ガッツリ系サービス」で記載したものを、調査し、比較しました。各ポイントサイトの評価を5段回でお見せします。

 

お知らせ
調査期間:2018年8月1日~2018年10月31日 (11/5に最新のデータに更新しました)

※日々、調査は継続しているのて定期的に内容を更新します。

 

ネットショッピング案件は、還元率数%のためガッツリとは言えないかもしれませんが、繰り返し利用可能なため1年間で貯まるポイント数はバカにできません。過去のある楽天買い物マラソンでは1,000ポイント以上貯まりました。参考:私の楽天お買い物マラソンの実績

この先ますますネットショッピングの利用頻度は上がると予想されるため、当ブログではガッツリ案件として扱います。

 

 

比較するポイントサイト一覧

当ブログで比較するポイントサイトは、次の通りです。会員数も多く、安心して利用できるポイントサイトに限定しています。

  • モッピー
  • ハピタス
  • ちょびリッチ
  • ポイントインカム
  • ポイントタウン
  • すぐたま
  • ECナビ
  • げん玉
  • GetMoney!
  • ライフメディア

 

 

それでは、各ポイントサイトの強み、弱みをみていきましょう!自分の稼ぎ方に合ったポイントサイトが見つかるといいですね。

 

 

モッピー:総合力No.1 初心者からベテランまで幅広くおすすめ!

モッピーは、東証一部上場の株式会社セレスが運営しているポイントサイト。公開されている経営状況をみると良好ですから、安心して利用できるサイトです。会員登録数も600万人を超えマンモス級になってきています。

今、一番ノリにノッているポイントサイトの一つと言えます。

 

モッピーの基本情報

ポイントレート1pt=1円
有効期限なし※
交換可能な中継サイトドットマネー/PeX
プリペイドカードVISA PREPAID
モニター案件テンタメ
レシポなし

※最後の獲得から6カ月間新たなポイントの獲得がない場合はポイント失効

 

 

モッピーは、次の点が他のポイントサイトと比べて魅力です。

 

モッピーの強み
  • ユーザー目線のポイントサイト
  • ポイントが短期間に付与される制度がある
  • 多くの案件が高還元!

 

それでは、順番に見ていきます。

 

 

ユーザー目線のポイントサイト

モッピーは、ユーザー重視を徹底しているポイントサイトです。その理由は、大きく2つあります。

 

 

ポイント

1. ポイント価値がわかりやすい。1ポイント=1円

2. サイトのデザインがわかりやすく直感的に操作できる

 

1つ目は、ポイントのレートが 1pt=1円になっていることです。これはユーザー側にとって非常に助かります。例えば、サイト上で10,000ptと表記されていれば、10,000円相当のポイントがもらえる案件ですから、とてもわかりやすいんです。

 

多くのポイントサイトでは、2pt=1円、10pt=1円、100pt=1円などとなっているため、頭の中で換算する必要があります。これは勘違いを起こす原因になります。私も、「12,000ptのクレジットカード案件を見つけた!」と喜んだのも束の間、実は6,000円相当という事に気が付き、がっかりした経験が何度かあります。

 

 

一例として、モッピーとポイントタウンで同じFX案件を見てみましょう。

 

 

一見、ポイントタウンの方が高額ですが円換算すると、、、

 

 

ポイントタウンは20pt=1円なので、170,000ptは8,500円相当です。わかりにくいですね。

一方、モッピーはそのまま「円」に読み替えればいいので、16,000円相当です。

 

このように、1pt=1円の価値のポイントサイトは、円換算する必要がないため、ユーザー目線の優しいポイントサイトと言えますね。

 

1pt=1円のポイントレートになっているポイントサイトは、モッピー以外では、ハピタス、ライフメディアなど極少数しかありません。

 

 

 

2つ目は、サイトの作りがとてもわかり易く設計されている点です。取扱う案件の数が多くなればなるほど、どうしてもサイトがごちゃごちゃとしがちで、なかなか希望の案件にたどり着けなかったり、現在地がわからなくなったりすることが他のポイントサイトでは、よくあります。

 

でも、モッピーでは、シンプルで直感的に操作できるよう設計されています。特にスマホからの操作性が抜群です。

 

スマホ画面は使いやすくデザインされている

 

 

ぜひ、モッピーにアクセスして操作性を体験してみてください。

モッピーを見る

 

 

AMAZONでもポイントが貰える

モッピーは、アマゾンで買い物をしてもポイントが貰える唯一のポイントサイトです。以前は他のポイントサイトでもAmazon案件を取り扱っていましたが、なくなってしまったのでモッピーの強力な魅力になっています。

 

しかも、楽天市場などが1%還元が一般的な相場であるのに対し、モッピーのAmazon案件では2%還元(11月30日までは3%に増量)となっています。Amazonで頻繁に買い物をする方は、モッピーは必須のポイントサイトです。

 

11/30までAmazonで3%還元(以前は2%)

 

 

Amazonでポイントをもらう条件

Amazonでポイントを貰うには、1つ条件があります。

それは、モッピーが発行している年会費無料のプリペイドカード「POINT WALLET VISA PREPAID」を発行し、それを使ってAmazonで買い物をすることです。このプリペイドカードは、発行に関して審査がないので、誰でも持つことができます。

 

 

POINT WALLET VISA PREPAIDって何?

 

POINT WALLET VISA PREPAIDは、モッピー公式のプリペイドカード。モッピーポイント、ペイジー、クレジットカードからチャージでき、VISA加盟店でクレジットカードと同じように利用できます。モッピーのポイントがチャージできるというのが一番の特徴ですね。

 

 

年間費無料のプリペイドカードを発行し、それを使ってAmazonで買い物をするだけでポイントがもらえます。プリペイドカードには、モッピーのポイントがチャージできるので、無料案件などで貯まったポイントをチャージしてAmazonで買い物すると、さらにポイントが貯まるという好循環になります。

 

 

Amazon以外でこのカードでお買い物した場合のことも紹介しますと、、、

・モッピーで扱っているショッピング案件:表記されている還元率に0.5%上乗せ(楽天市場:1%→1.5%など)

・実店舗、モッピーを経由しないオンラインショップの決済:支払金額の0.5%分のモッピーポイントが貯まる

※お得を追求するなら、楽天市場などAmazon以外の買い物では、1%還元程度のクレジットカードで決済したほうがお得にはなります。

 

 

Amazonで普段買い物する方は、モッピーを登録することを強くおすすめします。

より詳しい情報は公式サイトをご覧ください。参考:モッピー ポイント ウォレット VISA プリペイドカード

 

 

多くの案件が高還元!

モッピーの最大の魅力は、やはりポイント還元率の高さです。ポイントが高いんです。

 

下記に、調査した結果を5段階で評価したので、ご覧ください。

クレジットカード
評価(5段階)
FX
評価(5段階)
動画/電子書籍
評価(5段階)
銀行口座
評価(5段階)
資料請求
評価(5段階)
ネットショッピング
評価(5段階)

多くのサービスで平均以上になっており、総合力No.1です!モッピーは、ガッツリ系案件にかなり力を入れています。

利用するポイントサイトの数を抑えたい方は、モッピーをメインに使うことをおすすめします。

 

 

モッピーのデメリット

モッピーのデメリット

・ポイント交換は1日1回のみ

ポイント交換は1日1回の上限設定があります。1日に2回以上の交換を行うことはできないので注意しましょう。

 

・銀行振込は手数料有料

電子マネーへの交換は無料ですが、銀行振込して現金化するには手数料がかかります。ですが、中継ポイントサイトである「ドットマネー」に一旦交換してから、銀行振込すれば、無料になります。ですので、このデメリットは回避できます。

参考:ドットマネーとは?

参考:ドットマネーの交換先

 

 

モッピーの登録は以下のバナーからできます。

 


△△モッピーの会員登録はこちら△△

 

モッピーが当ブログ「スタバに暮らす」読者限定で、特別入会キャンペーンを用意してくれたので、上記バナーから登録すると、1,600円相当のポイントをもらえます。詳しくは以下の記事をどうぞ。

【当ブログ限定】 2018年11月モッピー新規入会紹介キャンペーン1600円分のポイント貰える!

 

 

ハピタス:

ネットショッピングや買い物するなら、ハピタス一択です!他のポイントサイトから頭ひとつ抜けた存在です。また、ミニゲームなどの毎日コツコツ貯めるコンテンツを持たないという思い切った戦略を取っているポイントサイトです。

 

ハピタスの基本情報

ポイントレート1pt=1円
有効期限なし※
交換可能な中継サイトドットマネー/PeX
プリペイドカードPollet
モニター案件ROI系(New)
レシポなし

※最後のログインから180日間ログインがない場合は退会処理

 

 

ハピタスは、次の点が他のポイントサイトと比べて魅力です。

ハピタスの強み
  • ネットショッピングが最強
  • 取扱ショップ/サービスが3,000社以上
  • 本を買ってもポイントが貯まる
  • コツコツ系を無くすことでシンプル&高還元へ
  • 他を圧倒する友達紹介制度

 

それでは、順番に見ていきます。

 

 

ネットショッピングはハピタスが最強

 

「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」などのネットショッピングを利用する際、ポイントサイトのリンクボタンを踏むだけで数%分のポイントがもらえます。

 

決済にクレジットカードを使えば、クレジットカードのポイント+ショッピングサイトのポイント(楽天ポイントなど)+ハピタスポイントというように、ポイントの3重取りが可能になる「ショッピング案件」ですが、ハピタスの還元率は多くのショップでトップクラスです。

 

人気のショップの還元率を各社調べてみました↓

 

調査日:2018年7月10日

 ハピタスの順位
(下段:還元率)
(参考)
1位のサイト
楽天市場1位(同率)
1.0%

Yahoo!ショッピング2位
(同率)1.0%
Getmoney!
2.0%
ヤフオク!落札1位(同率)
1.2%

LOHACO2位(同率)
1.5%
ライフメディア
1.9%
ベルメゾンネット2位
0.9%
モバトク
1.0%
ニッセン4位(同率)
1.8%
ちょびリッチ
2.5%
三越オンラインストア2位
2.4%
ECナビ
3.0%
イトーヨーカ堂1位(同率)
3.0%

saQwa(サクワ)2位(同率)
5.0%
ポイントインカム
6.0%
ユニクロオンライン1位(同率)
0.6%

ファンケルオンライン取扱なし
ポイントインカム
2.0%
DHCオンライン1位(同率)
1.8%

 

 

 

ご覧のとおり、ハピタスは多くのショップで1位または2位となっており非常に好成績です。

ネットショッピングでは、1回の買い物で得られるポイントが少額のため、出来るだけ一つのポイントサイトに集約して利用したい方が多いと思いますが、どれも平均以上の還元率を出しているハピタスは、まさにぴったりのポイントサイトです。

 

 

ハピタスは、還元率が高いだけでなく、「お買い物保証制度」の内容でも優秀です。

ハピタス:お買い物あんしん保証

 

ポイントサイトを利用していると、稀に利用した案件がポイント通帳に記載されないことがあります。または、記載はされたけれど、いつまで経ってもポイントが有効判定にならないこともあります。

 

原因はいろいろあるようですが、これに遭遇してしまうとポイントサイトに対する不信感が一気に高まってしまいます。

特に、ポイントサイトを始めたばかりのビギナーさんは「騙された」「詐欺だ」と感じますよね。

 

不運にもそのような事態になってしまった時に、ポイントを保証してくれる制度が「お買い物保証制度」になります。

 

 

イメージしやすいよう具体例を挙げてみます。

 

ハピタス経由で、還元率1.5%のLOHACOで10万円の買物をしたところ、本来1,500ptがもらえるはずですが、ポイント通帳に記載されませんでした。このままではポイントは付与されませんが、商品を購入した時のメールを添えて申請すれば、ハピタスが1,500ptを付与してくれます。

 

万が一の場合でも、ハピタスが保証してくれるので安心して利用できますよね。高額な買い物ほど、このお買い物保証制度の重要度が増します。ただし、全ての案件が保証対象になるわけではありません。

 

お買い物保証制度の対象になるもの

主にネットショッピングが対象になります。広告の詳細ページに「あんしん保証」マークが表示されている案件が対象になります。

 

 

お買い物あんしん保証制度は、他のポイントサイトでも導入されています。細かい違いがあるので、一覧表にまとめました。

 ハピタスGetMoney!げん玉ポイントインカムポイントタウン
申請期間広告利用日から1年広告の利用から6ヶ月以内広告利用日から120日未満広告の利用から6ヶ月以内記載なし※2
通帳記帳保証△ ※1
判定期間保証
100%還元商品が対象か100%還元がない。対象外対象外一部対象対象外
コメント最も使いやすい・楽天市場の取扱いがない
・半年経過すると保証対象外
120日経過すると保証対象外最悪2回の申請が必要通帳記帳保証がない

※1 調査し確認できれば記帳。判定期間を過ぎても承認されなければ、再度申請する必要あり

※2 「非承認」と反映されると問い合せが出来ないため、「非承認」になるまでが申請期限(カスタマー確認)

 

通帳記載保証、判定期間保証 とは?

【通帳記帳保証】ポイントサイトを経由したにもかかわらず、通帳に記載されなかったお買い物に対して、ポイントを付与します。

【判定期間保証】「判定までの期間」を過ぎても、「判定中」のままで「有効」にならないお買い物に関して、ポイントを付与します。

 

「通帳記載保証」、「判定期間保証」どちらも保証しているのは、ハピタス、GetMoney!、げん玉の3つ。ただし、GetMoney!は、楽天市場の取扱いがありませんし、げん玉は、申請可能な期限が「サービスの利用日から起算して120日未満」となっています。ショッピング案件のポイント付与期間は120日以上のものもありますから、これでは申請できない事態もありえます。

その点、ハピタスは1年まで申請可能です。

 

 

以上の点から、ハピタスの「お買い物保証制度」がもっとも利用者にとって使いやすいものになっています。

 

ネットショッピングは、「還元率」×「お買い物保証制度」が共に優秀なハピタスがおすすめです。

 

ランクボーナスを加味する?

 

一定の条件を満たすとランクが上がり、獲得したポイントの数%がボーナスポイントとしてもらえる「ランク制度」を導入しているポイントサイトがあります。

 

例えば、ハピタスは最高+2%、ランク制度で有名なポイントタウンでは最高+15%です。

 

比較のために、楽天市場で2万円を購入する場合を例に試算してみましょう。(以下ポイントを円換算)

 

ハピタス、ポイントタウン共に楽天市場の還元率は1%ですから、

 

ハピタス:200円+ボーナス4円=計204円

ポイントタウン:200円+ボーナス30円=230円

 

ポイントタウンの方が確かに26円多くもらえます。10倍の20万を購入した場合は260円の差です。

 

この差を大きいとみるか小さいとみるかは個人によると思いますが、わたしの場合は、お買い物保証制度の優秀さと、ショッピング案件で利用するポイントサイトは1つに集約したい、という2点で、ランクボーナスは重要視していません。

 

 

取扱ショップ/サービスが3,000社以上

取扱ショップ/提携サービスの多さは、トップクラスです。広告だけで3,000社以上をカバーしています。

 

 

「買い物をしようと思って、メインで使っているポイントサイトで調べてみると、なんと未掲載(汗)。違うポイントサイトを使うはめに、、、」

 

なんてことがよくある話ですが、ハピタスなら3,000社以上の広告/サービスをカバーしているためそのような事態はほとんどありません。

 

 

広告/サービスの取扱い数が多いので、中にはハピタス独自の案件もあります。

本を買ってもポイントが貯まる

ハピタスには、「ハピタス堂書店」という書店があります。ハピタス堂書店は、大手のネットブックストアである「ebook JAPAN」とハピタスが提携して運営しています。

 

ハピタス堂書店で本・CD・DVDを購入すると、ハピタスポイントが貯まります。還元率はなんと3%。おまけに送料は1冊から無料です。

 

ハピタス堂書店

 

モッピーでも同じ還元率3%で「ebook JAPAN」が使えますが、ハピタスならではのサービスがあります。それは、ハピタスポイントを使って購入できるのです。ポイントを使って購入してもちゃんと3%分のポイントは付与されるので完璧です。私はハピタスを使うようになってからお金を払って本を購入していません。

 

他のネットブックストアと比較してみると、楽天ブックスやhontoではだいたい1.5%前後の還元率なのでハピタス堂書店の方がお得です。ただ、Amazonと比較すると、中古品の品揃え、CDとDVDの値引きがあるので、Amazonの方が優位になるケースもありそうです。Amazonには洋書や専門書も揃っていますしね。。。

 

 

電子書籍はどうなの?

電子書籍の場合も見てみましょう。

 

電子書籍は、ハピタス堂書店でも購入できます。電子書籍の還元率は、なんと10%まで跳ね上がります!

楽天kobo、honto、BookLive!などの他のサイトでは、2~5%程度なので圧倒的にハピタス堂書店がお得ですね。

 

ハピタスが閉鎖した場合、購入した電子書籍は読めなくなる?

万が一、ハピタスが閉鎖、解散した場合、購入した電子書籍が読めなくなるのでは?と心配する方もおられると思います。安心してください。「eBookJapan」と共通の「クラウド本棚」を利用するので、万が一、ハピタスが閉鎖してもebookJapanのサービスが継続されている限り、引き続き読むことができます。

 

 

 

コツコツ系を捨てることでシンプル&高還元へ

ハピタスには、ミニゲームやクイズ、ログインボーナスなどのコンテンツがありません。広告に特化した戦略を取っています。

一般的なポイントサイトは、ごちゃごちゃとしていて使いづらいことが多いのですが、ハピタスは余分なコンテンツをそぎ落としているため、非常にサイトデザインがシンプルです。

 

ハピタスのスマホ画面

リンクから実際にサイトを覗いてみてください。使いやすいのが分かって頂けると思います。ハピタスを見る

 

コツコツ系コンテンツがなく、毎日使って稼ぐスタイルには不向きなサイトですが、それらのコンテンツに回すポイント分をネットショッピング案件などに回して高還元を実現しているんじゃないかと思います。

 

 

他を圧倒する友達紹介制度

ハピタスの友達紹介制度は、一人紹介するごとに100ptもらえます。また、ステージに応じて、友達が貯めたポイントの10%~40%分を毎月5日にプレゼントされます。(プレゼントされるポイントは、ハピタスの負担であり友達のポイントが減らされるわけではありません)

 

ステージは、当月の有効ポイント数、または、累計の紹介人数によって決まります。

ステージステージUP条件特典
当月有効pt数 又は ハピ友数ポイント率ボーナス
81,000人40%ボーナス2
7500人40%ボーナス1
6100人40%
550人35%
43,000pt以上10人30%
31,000pt~2,999pt3人25%
230pt~999pt2人15%
10pt~29pt1人10%

ハピタス友達紹介制度

 

最大のポイント率40%は、他のポイントサイトと比べてもトップクラスですが、中には50%というポイントサイトもあります。にもかかわらず、友達紹介制度はハピタスが最強と言われるのは、

 

すべての案件が友達紹介の対象

 

だからです。

 

高額案件も対象ですから、友達が1万ptのクレジットカード案件を行えば、紹介したあなたにはハピタスから最高4,000ptがプレゼントされます。人気になるのも頷けます。

 

友達紹介制度を利用してポイントを貯めようと思っている方は、ハピタスがおすすめです。

※2018年10月追記:ハピタスでモニターができるようになりましたが、モニターで獲得したポイントは友達紹介ポイントの対象外です。モニターのポイントまで最高40%で紹介者に付与すると経営に大きな影響を与えてしまうため妥当な判断だと思います。

 

 

ハピタスのガッツリ系の評価

クレジットカード
評価(5段階)
FX
評価(5段階)
動画/電子書籍
評価(5段階)
銀行口座
評価(5段階)
資料請求
評価(5段階)
ネットショッピング
評価(5段階)

ハピタスは、クレジットカード案件や、U-NEXTに代表される動画配信がいまひとつ、パッとしません。

しかし、FX案件はポイントが常時高く、資料請求は圧倒的に取扱件数が多くおすすめです。

なんと言っても、ネットショッピングはハピタスがNo.1です!

 

 

ハピタスのデメリット

ハピタスのデメリット

・100還元商品、モニター案件がない。

100%還元商品も以前はありましたが、今は50%程度に落ちています。また、モニター案件の取り扱いがありません。

2018年10月からROI系の店舗モニター/通販モニターが始まりました!デメリットが一つ解消しました。リンク:ハピタスのモニター案件

 

・月間交換上限が3万円

1ヶ月に交換できるポイントは3万円までと縛りがあります。ほとんどの方は問題にならないと思いますが、もしそれを超えるポイントを交換したい場合は、2つのオプションが用意されています。

一つは、ハピタス堂書店。本などの購入に使うハピタスポイントは3万に含まれません。

もう一つは、VISA加盟店でクレジットカードと同じように使えるプリペイドカード『ポレット』にチャージする方法です。チャージは月30万まで可能になっています。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。参考:一番オススメ:ポレットカード

 

 

ハピタスは以下のバナーから登録すると30pt獲得できます。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
△△ハピタスの会員登録△△

 

ハピタスに登録したらまずこなしたいオススメ案件を、こちらの記事で紹介しています。すべて無料でできるものを厳選しています。

【最新】 ハピタス新規入会紹介キャンペーン1030円分のポイント貰える!

 

 

ちょびリッチ:

2004年から運営されている老舗のポイントサイトです。ちょびリッチは、業界の常識を超える破格の高額クレジットカード案件を毎月出していたこともあり、ガッツリ系の貯め方をしている人なら登録しているポイントサイトです。

現在は高額案件だけでなく、ショッピング案件にも独自の施策を取り入れるなど積極的に攻めています。

 

ちょびリッチの基本情報

ポイントレート2pt=1円
有効期限なし※
交換可能な中継サイトドットマネー/PeX
プリペイドカードPollet
モニター案件ROI系/テンタメ
レシポあり

※最後の獲得から一年間新たなポイントの獲得がない場合はポイント失効

 

 

ちょびリッチは次の点が、他のポイントサイトと比べて優れています。

ちょびリッチの強み
  • 特定の楽天市場ショップや0の付く日は還元率がアップ
  • 高額案件に強い

 

順番に見ていきましょう。

 

特定の楽天市場ショップや0の付く日は還元率がアップ

ちょびリッチのショッピング案件は、2つのお得な施策があります。一つは楽天市場、もう一つは楽天市場を除く特定のネットショッピングサイトに関するものです。順番に説明します。

 

 

ちょびリッチの楽天市場は15%アップ

特定の楽天市場ショップでのお買い物は、ちょびリッチ経由がお得です。通常は1%還元ですが、最大15%まで還元率がアップします。すべてのショップが対象ではありませんが、15%還元になっているショップ数は600店舗以上、10%還元以上なら1,600店舗以上(2018年10月時点)もあるので、十分な量がありますね。

 

参考:高還元ショップ一覧

※モッピーやすぐたまでも同様に最高15%還元の楽天市場ショップを取り扱っていますが、ちょびリッチがもっとも取扱店舗が多いです。

 

 

 

毎月0のつく日(10日、20日、30日)は「ちょびリッチの日」といい、対象のショップの還元率が2倍になります。

 

対象のショップは、「ちょびリッチの日」になると確認できますが、見ているといつも同じショップでした。参考に2018年7月20日の対象ショップを掲載します。

参考:「ちょびリッチの日」対象のショップ

 

人気のネットショッピングサイトが揃っているので、日にちを選んで買い物ができる方はぜひ、知っておきましょう。

 

 

高額案件につよい

ちょびリッチは、高額案件にめっぽう強いです。特に、クレジットカード発行案件、FX案件に力を入れており、ポイントサイト界でトップのポイントを叩き出すこともよくあります。

これらの高額案件でポイントを貯める方は、持っておきたいポイントサイトです。

 

今回の調査結果はこちら↓

クレジットカード
評価(5段階)
FX
評価(5段階)
動画/電子書籍
評価(5段階)
銀行口座
評価(5段階)
資料請求
評価(5段階)
ネットショッピング
評価(5段階)

一気に1万以上のポイントが貯まるクレジットカード案件、FX案件はちょびリッチが最強です。

やはり、ちょびリッチは高額案件に相当力を入れています。それ以外もすべて平均以上なので、総合的に見てもおすすめです。

 

 

ちょびリッチのデメリット

ちょびリッチのデメリット

・ポイントレートがわかりにくい

2ポイント=1円なので、表示されているポイントを半分にすると円相当の価値になります。

 

・ログインには会員番号が必要

多くのポイントサイトは、メールアドレスを使ってログインするのに対して、ちょびリッチのログインには会員番号を使います。メールアドレスよりセキュリティが高いので本来デメリットではないのですが、少し面倒。

 

・ポイントの初回交換は銀行振込のみ

ポイントの不正交換防止のために、初めてのポイント交換は銀行振込のみとなっています。ただし、Get Money!のように全ポイントを交換する必要はなく最低交換額1,000ポイント(500円相当)のみでOKです。

 

逆に言えば、上記のような点しかデメリットが思い浮かばないということなので、非常に総合的に優秀なポイントサイトです。

 

 

ちょびリッチの登録は以下のバナーからできます。

 

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
△△ちょびリッチの会員登録△△

 

こちらから登録して、登録月の月末までに1ポイント以上を獲得すると500pt(250円相当)がもらえます。スマホの無料アプリをダウンロードなど、即時ポイントが付与される案件をすぐに行なって、忘れずに500ptをもらいましょう。

 

会員登録して1年以上経過&プラチナランクを経験すると、以降ずっとゴールドランクを維持できる「会員ランク制度」を導入しているので、ちょびリッチを今すぐに利用する予定がなくても、早めに登録しておくとのちのち役立つかも。詳細はこちら:会員ランク制度の章へジャンプする

 

 

 

ポイントインカム:

ポイントインカムはクレジットカード案件に強いです。また、最高ステータスの会員ランクをずっと維持できる制度を導入しており、ランク制度に魅力を感じる人にも人気です。

 

ポイントインカムの基本情報

ポイントレート10pt=1円
有効期限なし※
交換可能な中継サイトドットマネー/PeX
プリペイドカードPollet
モニター案件ROI系/テンタメ
レシポあり

※最後のログインから一年間ログインがない場合はポイント失効

 

 

ポイントインカムの強みは次の通りです。

ポイントインカムの強み
  • iTunesギフトコードが5%OFF
  • 新しい紹介制度を導入
  • クレジットカード発行案件に強い

 

それでは順番に説明します。

 

 

iTunesギフトコードが5%OFF

iTunesギフトコードをよく使う方は、ポイントインカムを利用しましょう。常に5%OFFでiTunesギフトコードが手に入ります。たとえば、3,000円分のiTunesギフトコードなら2,850円分のポイントで交換できます。

 

 

iTunesギフトコードとは?

 

アップルが提供している様々なサービスの料金やコンテンツの購入に使えます。

・AppStoreで有料アプリの購入

・AppStore内にあるアプリ、ゲームなどの課金

・LINEスタンプ、着せ替えの購入

・iTunes Storeで音楽や映画の購入

・iBooksで電子書籍の購入

・Apple Music(定額音楽配信)の利用

 

このようにいろいろな使い道があるiTunesギフトコードをポイントインカムでは常時5%OFFで入手可能です。

 

ポイントインカムからiTunesギフトコードを取得する手順は次の通り。

  • STEP.1
    右上の「メニュー」を押して「ポイント交換」を選択
  • STEP.2
    「App Store&iTunesコード」を選択
  • STEP.3
    希望の交換ポイントを選択し「確認画面」、「申請する」
  • STEP.4
    設定している「秘密の質問」に回答し「申請完了」
  • STEP.5
    「ポイント通帳」を開き、「交換履歴」からiTunesギフトコードをコピーする
  • STEP.6
    iPhoneなどでAPP Storeを開き、画面下にある「おすすめ」タブを選択します。一番下までスクロールして、「コードを使う」を選択。
  • STEP.7
    AppleIDのパスワードを入力し、「コードはキーボードでも入力できます。」をタップ
  • STEP.8
    入力欄にiTunesギフトコードを貼り付け
  • STEP.9
    7%OFFで入手したiTunesギフトコードをiTunesに登録完了

 

 

2018年11月30日までの期間限定で「モッピー」でも同じ5%安く入手できます。

 

モッピー:iTunesギフトコード

 

 

新しい紹介制度を導入

ポイントインカムには、紹介した友達の獲得したポイントの10%がプレゼントされる「友達紹介制度」が従来からありますが、これに加えて、「広告紹介制度」なるものを2017年7月よりはじめました。

 

ポイントインカム:紹介制度

 

紹介するのは会員登録ではなく、個別の「広告」を紹介します。そのリンクから広告を利用してもらうと、その3%分のポイントをポイントインカムからプレゼントされます。

 

上記の図の通り、この「広告紹介制度」は従来からの「友達紹介制度」と併用が可能です。

 

広告利用者があなたの「お友だち」だった場合は10%+3%=13%分がもらえることになります。両方併用できるのが素晴らしいですね。

 

注意
ただし、広告紹介制度を使って紹介できる広告は、あなた自身が利用して「承認」、もしくは「承認待ち」のついた広告のみになります。ご注意ください。

 

 

クレジットカード発行案件に強い

ちょびリッチには一歩及びませんが、ポイントインカムもクレジットカード発行案件は非常に高額ポイントを付けることが多いです。クレジットカード案件を重視される方は、ぜひ登録しておきましょう。

 

ポイントインカムのガッツリ系の評価

クレジットカード
評価(5段階)
FX
評価(5段階)
動画/電子書籍
評価(5段階)
銀行口座
評価(5段階)
資料請求
評価(5段階)
ネットショッピング
評価(5段階)

資料請求の取扱数が少ないので評価は低め。一方、動画配信は強いです。

クレジットカードでは、今回げん玉に抜かれてしまいましたが、それでもまだ魅力的な案件を出しています。

銀行口座、ネットショッピングのいずれも良い成績なので、資料請求さえ頑張ってもらえれば総合力も◎

 

 

ポイントインカムのデメリット

ポイントインカムのデメリット

・登録後、すぐには友達紹介ができない

ポイントの交換を1回以上しなければ、友達紹介をすることができません。『登録→利用→獲得→交換』という一連の流れを経験してから友達を紹介するという当たり前といえば当たり前のことかもしれませんが。

 

 

ポイントインカムへの登録は、以下のバナーからどうぞ。

 

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム
△△ポイントインカムの新規会員登録△△

 

上のバナーからポイントインカムに登録すると2,000pt(200円相当)プレゼントされます。(獲得時期:入会と同時)

さらに、入会から翌々月末までに5,000pt以上(500円相当)をポイント交換すると1,000pt(100円相当)が別途プレゼントされます。(獲得時期:交換後約1時間)

 

つまり、合計300円相当がもらえます。

 

 

すぐたま:

ポイント中継サイトの老舗「ネットマイル」が2015年4月から始めた、新しいポイントサイト。ポイントの交換先に関して、すぐたまだけの魅力的な武器をもっています。

 

すぐたまの基本情報

ポイントレート2mile=1円
有効期限なし※
交換可能な中継サイトネットマイル
プリペイドカードなし
モニター案件なし
レシポあり

※最後の獲得から一年間新たなポイントの獲得がない場合はポイント失効

 

 

すぐたまの強み
  • スタバカードに直接ポイント交換できる唯一のサイト
  • プリンスホテルに無料で泊まれる!

 

 

スタバカードに直接ポイント交換できる唯一のサイト

冒頭でお伝えした通り、すぐたまは、ポイント中継サイト「ネットマイル」と同じ運営会社です。そのため、両サイトともID、パスワードが共通化されています。(1つで会員登録すれば、もう片方も使えます)

それだけでなく、ポイントも共通化されているので、すぐたまでポイントを獲得後、ネットマイルにログインすれば、同じポイント数が表示されます。

 

ネットマイルからは銀行やAmazonギフト、Tポイントなど様々なものに交換できます。その中で、当ブログが特に注目するのが、、、

 

手数料無料で「スターバックスカード」に等価交換が可能

 

すぐたまなら中継サイトに交換せずに、ダイレクトにスタバカードにチャージできるのです。

 

 

当ブログのメイン読者であるスタバファンにとって、このメリットは大きい。他のポイントサイトでは、「Gポイント」などの中継サイトに一旦ポイントを移行し、そこからスタバカードにチャージする必要があるため、ひと手間かかります。

 

 

交換にかける手間を省きたい方は、すぐたまを利用しましょう。

スタバでの支払いはできるだけスタバカードを利用しましょう。「スター」と呼ばれるポイントが貯まり、ドリンク等と交換できるクーポンと交換できます。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。 【本当にお得?】スタバのポイント制度「スターバックスリワード」を詳しく解説!

 

 

プリンスホテルに無料で泊まれる!

ポイントサイトの中で、唯一プリンスポイントへ直接交換することができます。

 

プリンスポイントとは、西武グループの会員制度である「西武プリンスクラブ」のポイントです。プリンスクラブ加盟店の利用で貯めることができます。(利用金額108円(税込)につき、1pt)

 

貯めたプリンスポイントは、宿泊券、ランチ/ディナー券、レジャー券、ゴルフプレー券など、幅広い使い道が用意されてありますが、最もオススメなのが、「プリンスホテルの無料宿泊券」と交換することです。

プリンスホテル

プリンスホテルは、日本各地に47ホテル、ハワイ等の海外に7ホテルほど進出しているので国内旅行だけでなく海外旅行にも利用することができます。

参考:プリンスホテルグループ ホテル一覧

 

数あるプリンスポイントの使い道の中で「プリンスホテルの無料宿泊券」が一番おすすめな理由は、1ポイント当たりの価値が最も高くなるからです。

 

具体例をお見せします。

 

次の3つのホテルを例に、

・現金で宿泊するときの価格

・プリンスポイントを使って宿泊するときの必要ポイント数

を比較してみます。(2018年10月上旬の週末2名1室Prince Basicプランで検索)

 

品川プリンスホテル:メインタワーツイン高層階28~34階(2名分)

品川プリンスホテル:メインタワーツイン高層階28~34階2名分

  • 現金:31,600円
  • プリンスポイント:5,000pt
  • ポイント単価:6.32

 

東京プリンスホテル:レジデンシャルスイート(2名分)

東京プリンスホテル:レジデンシャルスイート2名分

  • 現金:89,500円
  • プリンスポイント:10,000pt
  • ポイント単価:8.95

 

 

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町:デラックスツインまたはキング(2名分)

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町:デラックスツインまたはキング2名分

  • 現金:95,930円
  • プリンスポイント:40,000pt
  • ポイント単価:2.40

 

 

ポイント単価が2.40~8.95というのは、1ポイントが2.4円~8.95円になったということですから、めちゃくちゃお得な使い方ということがわかります。

 

 

プリンスホテルの宿泊券と交換すると超お得!

 

 

それでは、プリンスポイントをどのように貯めればよいのでしょうか?

王道の貯める方法は、プリンスクラブ加盟店で支払いをすることですが、効率が悪すぎておすすめできません。もし、プリンスポイント10,000pt貯めようと思ったら、108万円の支払いが必要になります。現実的ではありませんね。

 

そこでネットマイル(すぐたま)が登場です。ネットマイルのmileは、手数料無料でプリンスポイントに等価交換できます。2mile=1円相当のため少しややこしいですが、例えば、20,000mileは10,000プリンスポイントに交換できます。

 

20,000mileなど、1枚のクレジットカードを発行すればかんたんに貯まるので、先程の品川プリンスホテルの5,000ptの部屋なら2回も泊まれます。

 

プリンスポイントにダイレクトに交換できるポイントサイトは、すぐたま(ネットマイル)のみです。ぜひ、ホテルの宿泊にポイントサイトを活用したい方は、すぐたまを利用しましょう。

 

2018年11月1日から25%の手数料化に!

 

 

残念なことに2018年11月1日から、すぐたま(ネットマイル)のポイントをプリンスポイントに交換するのに25%の手数料がかかることになりました。改悪です。

 

具体的には、1口当たり500mileの手数料が発生します。ネットマイルは2mile=1円の単位なので、250円/1口の手数料になります。

1口は、2,000mile=1,000円相当なので、1,000円分のポイントを交換するには、250円の手数料、つまり25%の手数料がかかることになります。

 

 

 

ですが、手数料化のためすぐたまの魅力がなくなったかと言うとそうは思いません

 

先に紹介したプリンスホテルの部屋に宿泊するには、

・品川プリンスホテル 6,250円相当のポイント→5,000プリンスポイント

・東京プリンスホテル 12,500円相当のポイント→10,000プリンスポイント

 

 

改悪したと言っても、6,250円や12,500円相当のポイントでプリンスホテルに泊まれるんです。しかも2名分。

すぐたまで貯めたポイントを現金化しても、そのお金でこれらの部屋には泊まれませんから、まだまだ、すぐたま→プリンスホテル宿泊の利用価値は十分高いと思います。私も今後も利用しようと思います。

 

 

 

すぐたま以外でネットマイルに交換できるポイントサイトは?

すぐたまならネットマイルと共通ポイントなので、ダイレクトにプリンスポイントに交換できますが、他のポイントサイトでも、一旦ネットマイルにポイント移行すればプリンスポイントに変えることは可能です。等価交換可能なポイントサイトとしては、

・モッピー(2018年11月20日12:00以降は交換不可)

・GetMoney!

の2つが挙げられます。覚えておきましょう。

※追記 モッピーからの交換は終了となってしまいました。公式

 

 

すぐたまのガッツリ系の評価

クレジットカード
評価(5段階)
FX
評価(5段階)
動画/電子書籍
評価(5段階)
銀行口座
評価(5段階)
資料請求
評価(5段階)
ネットショッピング
評価(5段階)

FX案件、銀行口座案件は、取扱数が少なく、ポイントも渋め。
動画配信と資料請求はポイントが高いので、弱点の改善を期待したい。

 

 

すぐたまのデメリット

すぐたまのデメリット

・ポイント単位がわかりにくい

他のポイントサイトの単位はみな「ポイント」ですが、すぐたまは「mile」という単位を採用しています。慣れるまでは違和感がありますね。

 

・ポイントレートがわかりにくい

2mile=1円のレートのためわかりにくいです。例えば、楽天市場2%mile還元で1万円相当の買い物をした場合、200mile獲得できます。2mile=1円ですから実質100円の獲得なんですが、この辺りの計算が感覚的にわかりにくいと思います。

 

 

すぐたまの登録は以下のバナーからできます。

 


△△すぐたまの会員登録はこちら△△

 

当ブログは、「すぐたま認定ブログ」なので上記バナーから登録すると、最大2,500円相当のポイントをもらえます。

 

 ①登録で600mile(300円相当)

 ②登録月の翌々月末までに20,000mile以上獲得で+1,400mile(700円相当)

  登録月の翌々月末までに40,000mile以上獲得で+4,400mile(2,200円相当)

 ※①は登録後すぐに付与されますが、登録後30日経過後に使用可能になります。

 ※②は登録月の3ヶ月後の月末までに付与されます。

 

 

 

その他のポイントサイト

ここまでに紹介していないポイントサイトでも、非常に魅力的な武器をもっているものもありますから、4つほど追加でご紹介します。ポイントサイトの数をある程度増えても良い方は、ぜひそれぞれのいいとこ取りをして効率よくポイントを貯めましょう。

 

ポイントタウン:

大手のGMOグループが運営しているポイントタウン。他の会社と比べて資本力が圧倒的にあるので、非常に安心できる会社です。

 

ポイントタウンの基本情報

ポイントレート20pt=1円
有効期限なし※
交換可能な中継サイトPeX
プリペイドカードなし
モニター案件ROI系/テンタメ
レシポあり

※最後の獲得から一年間新たなポイントの獲得がない場合はポイント失効

 

モニター案件&100%還元商品も、会員ランク制度の対象で15%上乗せ

ポイントタウンは、提携サイト数2,000件以上、コンテンツ量も豊富に揃っています。

大抵のものならポイントタウン一つで網羅しています。ただ、還元率がどれも平均的なため、品揃えだけでは今ひとつ魅力に欠けます。

 

そこで、ポイントタウンでオススメしたいのが、モニター案件、レシポ、そして100%還元商品です。

 

モニター案件とは

モニター案件には、次の2つに分けられます。

 

外食モニター(ROI)

レストランや飲食店で普通に飲食し、帰宅後にかんたんなアンケートに答えると支払金額の30%〜100%がポイントで戻ってくるもの。多くのポイントサイトでは業界最大手の株式会社ROIのモニター案件を取り扱っています。

 

外食モニターについては、次の2つの記事で詳しく解説しています。

外食してたくさんお小遣いを貯める裏ワザ:外食モニター 【実例】おいしい炭火焼&イタリアンを食べて3,888円をGET!

 

商品モニター(ROI/テンタメ)

外食モニターの通販版がこちら。健康食品などの通販商品を購入し、かんたんなアンケートに答えると、支払金額の数十%が戻ってきます。株式会社ROIとテンタメの2つの提供元がメジャーです。

 

レシポとは

お菓子や飲料水、日常品などの対象商品を購入して、そのレシートの写真をアップロードするとポイントがもらえるサービスです。こちらも人気です。参考:レシポとは

100%還元商品とは

企業の新商品などをネット経由で購入すると、その購入代金の全額をポイントバックしてくれる案件です。例えば、5,000円の商品を購入すれば、商品と5,000相当のポイントが手に入ります。

100%還元商品の具体的なやり方については、次の私の体験記事を参考にしてください。

【100%還元】MEDICAの2商品購入で9,424円GET!

 

 

これらのモニター案件は、ちょびリッチやポイントインカムなどでも取り扱っているのですが、ポイントタウンで行うのが一番お得になります。

 

ポイントタウンは会員ランク制度の対象

ポイントタウンでは、モニター案件、レシポ、100%還元商品も会員ランク制度の対象になります。

 

会員ランク制度とは、利用回数や獲得ポイント数など一定の条件を満たすと、ランクが上がり、ボーナスとして獲得ポイント数の数%を上乗せでもらえる制度のこと。複数のポイントサイトで導入されていますが、どの案件がボーナスの対象になるかはポイントサイト毎にまちまちです。

 

ポイントタウンでは、会員ランク制度の対象が幅広く設定されているため、100%還元商品モニター(ROI)モニター(テンタメ)レシポも対象になっているんです!

これらを重視する方は、ポイントタウンがおすすめです。

 

 

ポイントタウンの場合、最高ランクであるプラチナは+15%の上乗せ

 

例えば、100%還元商品なら最大115%還元まで上乗せすることが可能です。これは、商品を購入すると、商品が届くとともに支払金額の100%がバックされ、さらにその15%分までが追加でもらえることを意味しています。そう、お金が増えるんです。嘘のようなホントの話です。

 

100%還元商品といえばポイントタウンというほど、品揃えは一番ですから、会員ランク制度の守備範囲の広さと相まってぐっと魅力的になります。参考:ポイントタウンの100%還元商品

 

会員ランク制度の比較

会員ランク制度は、各ポイントサイト毎に細かい違いがあるので、本記事の最後のほうで、導入している全ポイントサイトを一覧で比較しています。詳細は、そちらで確認ください。会員ランク制度の章へジャンプする

 

 

 

その他のポイントタウンの強みとしては、ポイント交換に関わる手数料がすべて無料となっている点でしょうか。ゆうちょ銀行に代表される銀行振込も無料でできます。

他のポイントサイトでは、銀行振込には手数料を取るところが多いですが、ドットマネーなどの中継サイトを経由すれば無料にできますので、そこまで訴求効果はないかもしれません。

 

 

ポイントタウンのガッツリ系の評価

クレジットカード
評価(5段階)
FX
評価(5段階)
動画/電子書籍
評価(5段階)
銀行口座
評価(5段階)
資料請求
評価(5段階)
ネットショッピング
評価(5段階)

うーん。どれも平均以下でした。ポイントタウンをメインに使うのはおすすめしません。
ランキングの調査に含めていない、100%還元商品やモニター案件で使うのがやはりいいのかも。

 

 

ポイントタウンのデメリット

ポイントタウンのデメリット

・ポイントレートがわかりにくい

20pt=1円の価値なので、例えば、15,500ptと表示されている案件は、775円相当です。かなりわかりにくいです。

 

・ポイント(還元率)がいまいち

クレジットカード案件、ショッピング案件など、どの案件も低くはないのですが、特段高くもない、、、つまり、平凡なんです。

 

・お買い物保証制度がいまいち

ポイントタウンにも「お買い物保証制度」があるのですが、保証されるのは「ポイント通帳に記載されたが、有効判定にならないもの」だけです。ポイント通帳に記載されなかった案件は、保証対象外となっています。ポイントが付与されない事態の多くは、通帳に記載されない場合だと思うので、これが保証対象外なのは残念です。その点、ハピタスはどちらのケースも保証の対象なので安心して利用できます。お買い物保証制度の比較を見る

 

・友達紹介制度の対象案件が少ない

紹介した友達の獲得ポイントの50%分がもらえるのですが、対象外の案件があまりに多く、実際のところそれほど魅力的な制度にはなっていません。

 

 

ポイントタウンの登録は、以下のバナーからどうぞ。300円相当の6,000ptを貰えます。

 

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
△△ポイントタウンの新規会員登録△△

 

 

ライフメディア:

ライフメディアはニフティ㈱のグールプ会社「ニフティネクサス㈱」が運営しています。親会社であるニフティ㈱のすべての株式は、家電量販店ノジマ㈱が保有しているため、ノジマのグループ企業でもあります。それにより、ライフメディアと家電は魅力的な関係になっています。

 

ライフメディアの基本情報

ポイントレート1pt=1円
有効期限なし※
交換可能な中継サイトドットマネー/PeX
プリペイドカードなし
モニター案件テンタメ
レシポなし

※最後の獲得から一年間新たなポイントの獲得がない場合はポイント失効

 

ノジマで家電を購入すると超絶お得!

ライフメディアで貯めたポイントをノジマのポイントに交換すると、なんと50%増量されます!しかも、回数制限や期間限定などではなく、常に1.5倍になるのですから驚きです。

 

ノジマでポイント1.5倍

 

10,000ptをノジマのポイント(ノジマスーパーポイント)に交換すると、15,000Ptになります。(1pt=1円の価値)

 

例えば、ノジマオンライで下記のパナソニック製ヘアードライヤーナノケアホワイトEH-CNA99-Wを購入することを考えてみましょう。

EH-NA9A

調査日:2018/10/5

・価格.com最安価格:16,780円

・ノジマオンライン:18,900円→12,600Pで購入可能

 

価格コムであれば、約16,780円。一方、ノジマオンラインでは18,900円となっていました(2018/10/5時点)。ノジマオンラインでは、ライフメディアのポイントを1.5倍して使えるので、この場合12,600P(1P=1円の価値)あればで買えることになります。

家電量販店で値引き交渉してもここまで下げることはまず無理ですよね。

 

圧倒的に価格コムよりライフメディアのポイントで購入した方が安くなります。

 

 

ノジマスーパーポイントとノジマオンラインポイント

ノジマのポイントについて少し補足します。

ノジマには2つのポイントがあります。

①ノジマスーパーポイント

②ノジマオンラインポイント

 

ノジマスーパーポイントとは、家電量販店「ノジマ」実店舗での買い物で利用できるポイントです。

(1ポイント=1円相当)。

 

一方、ネットストア「ノジマオンライン」では、「ノジマスーパーポイント」のままでは使えず「ノジマオンラインポイント」に交換する必要があります。

交換レートは1:1なので等価交換が可能です。

 

ノジマオンラインストアには、フェイスケア商品などいろいろあるので、見てみてください。

参考:ノジマオンラインストア

 

 

年間費無料のクレジットカードを発行したり、FX案件をこなしてポイントを貯めれば、ほしい家電がバンバン買えますね。

 

 

ライフメディアのガッツリ系の評価

クレジットカード
評価(5段階)
FX
評価(5段階)
動画/電子書籍
評価(5段階)
銀行口座
評価(5段階)
資料請求
評価(5段階)
ネットショッピング
評価(5段階)

せっかく、ノジマスーパーポイントという魅力的な武器を持っているのに、ポイントが低く残念な結果に。
ぜひ、どれか一つでも他社を圧倒する案件を作ってほしい。

 

 

ライフメディアのデメリット

・ポイントが低め

総じてポイントは低めで、もう少し改善してほしいところ

 

・ノジマスーパーポイントへの交換以外に魅力がない

取扱件数、お買い物保証制度、ボーナスランク制度など、他のポイントサイトと比べて特に優れている施策が見当たらないように思います。

 

 

ライフメディアの登録は、こちらのバナーからどうぞ。登録月の月末までに1P以上獲得すると250円、登録月の翌月末までにポイント交換するとさらに250円相当が貰えます。

 

ライフメディアへ無料登録
△△ライフメディアの新規会員登録△△

 

 

GetMoney!:

20年以上の実績があるGetMoney!。以前はクレジットカード発行案件と言えば、GetMoney!でしたが、近年は他のポイントサイトにその地位を奪われてしまい、あまり強みを感じられなくなってしまいました。

 

GetMoney!の基本情報

ポイントレート10pt=1円
有効期限なし※
交換可能な中継サイトドットマネー/PeX
プリペイドカードなし
モニター案件

ROI系/テンタメ

レシポあり

 

 

Yahoo!ショッピングならGetMoney!

Yahoo!ショッピングだけは、GetMoney!が最も還元率が高いです。他のポイントサイトは0.5~1%程度ですが、GetMoney!は2%とダントツトップです。Yahoo!ショッピングで頻繁に買物される方にはオススメです。

 

※2018年11月5日追記

以前は常時2%還元でしたが、「5」の付く日のみ2%でそれ以外の日は1.3%還元に下がってしまいました。

 

 

ハピタスと同様の「通帳に記載されなかった案件」も保証対象の「お買い物保証制度」も新たに導入され、環境が整いつつありますが、GetMoney!は「楽天市場」の取扱いがないのでそこが弱点かと思います。

 

 

GetMoney!のガッツリ系の評価

クレジットカード
評価(5段階)
FX
評価(5段階)
動画/電子書籍
評価(5段階)
銀行口座
評価(5段階)
資料請求
評価(5段階)
ネットショッピング
評価(5段階)

以前は強かったクレジットカード案件も平均的なものに。案件の供給元が違うのか、前は独自の案件も出ていたので、再び復活を期待したい。

 

 

GetMoney!のデメリット

GetMoney!のデメリット

・楽天市場の取扱いがない

 

・ポイントが全体的に低い

 

・はじめてのポイント交換は全ポイントを銀行振込

ここ要注意です。例えば、1万円相当のポイントを千円だけ銀行へ、残りをAmazonギフト券へといったことができません。全て銀行振込する必要があります。2回目以降の交換はこのような縛りはありません。

 

 

GetMoney!の登録は、こちらのバナーからどうぞ。

 

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
△△GetMoney!の新規会員登録△△

 

 

げん玉:

会員数1,000万人を超えるマンモス級のポイントサイト。非常にコンテンツ量も多い反面、デメリットも複数抱えています。

 

げん玉の基本情報

ポイントレート10pt=1円
有効期限なし※
交換可能な中継サイトPointExchange/PeX
プリペイドカードなし
モニター案件なし
レシポなし

 

 

土曜限定でデリバリーの還元率が2倍!

「ドミノピザ」や「ピザハット」などのピザデリバリーから、宅配寿司の「銀のさら」まで、対象のデリバリーサービスが土曜日限定でポイントが2倍になります。

 

参考:対象のサービス

 

週末にデリバリーを利用する際は、げん玉経由で注文しましょう。

 

 

この他には、保有しているポイントに利息が付く「ポイント利息」なるものがあります。年利1%、月利0.083%分のポイントがもらえるので一見良さそうですが、個人的にはあまり重要視していません。

保有ポイント数に対して利息がもらえるとなると、ポイントを交換せず貯め込んで利息を多くもらおうという意識がどうしても働きますよね。しかし、げん玉のポイントには有効期限があり、最後のアクションから180日間経過すると失効してしまいます。うっかりすると、有効期限切れでポイントを失ってしまうという本末転倒なことになってしまう可能性があるからです。

やはり、ポイントは貯め込まず交換するのが一番です。私なら、全案件の獲得ポイントの2%がボーナスとして貰えるハピタスの会員ランク制度のほうが魅力を感じます。

 

 

げん玉のガッツリ系の評価

クレジットカード
評価(5段階)
FX
評価(5段階)
動画/電子書籍
評価(5段階)
銀行口座
評価(5段階)
資料請求
評価(5段階)
ネットショッピング
評価(5段階)

調査して意外だったのが、げん玉。

クレジットカード案件やFX案件、資料請求はかなりポイントが高いんですね。

それほど強い印象はありませんでしたが、なかなか頑張っています。

 

 

げん玉のデメリット

げん玉のデメリット

・楽天市場は取引中止中

2018年3月から楽天市場の取扱いがありません。一時中止との話でしたが、2018年10月現在、再開はされていません。

 

・操作性がいまいち

ミニゲームやコンテンツなどコツコツ系サービスが多いため、サイトがどうしてもごちゃごちゃしている印象。ミニコンテンツを捨て広告案件に特化することでシンプルなデザインにしたハピタスと対照的な存在かもしれません。

 

・複数の姉妹サイトがありわかりにくい

同じ運営会社が運営している「REALWORLD暮らすこと」「CROWD」「モリゲー」「MoNoW」とげん玉は、ID、パスワード、ポイントが共通となっています。似たようなサイトがたくさんあり、これだけで初心者にとってはどのように使いこなせばいいのかわかりません。さらにいまいちなのは、ポイントを交換するにはPointExchangeという合算サイトを使わなければならない点です。こちらはID、パスワードは別に登録する必要あり。でも、「REALWORLD暮らすこと」からなら、PointExchangeに交換しなくても直接ポイント交換も可能だったり、、、

やはりわかりにくいというのは否めないと思います。

 

 

げん玉の登録は、こちらのバナーからどうぞ。登録後24時間以内にサービスを1件以上行うと200円相当を貰えます。

 


△△げん玉の新規会員登録△△

 

 

会員ランク制度について各ポイントサイトを評価

ポイントタウンのところで述べましたが、ポイントサイトの中には「会員ランク制度」を導入しているところがあります。

 

会員ランク制度とは

会員ランク制度とは、利用回数や獲得ポイント数など一定の条件を満たすと、ランクが上がり、ボーナスとして獲得ポイント数の数%を上乗せでもらえる制度のこと。

 

各社、細かい違いがあるため、わかりやすいよう比較表にまとめました。各社とも最高ランクの特典、条件で比較しています。

 

 ちょびリッチポイントタウンポイントインカムECナビすぐたまハピタス 
ボーナス付与
の対象案件
ショッピング15%15%7%15%20%2%ショッピングボーナス付与の
対象案件
100%還元商品15%(案件少ない)15%(案件多い)7%(一部のみ)取扱なし取扱なし取扱なし100%還元商品
クレカ等対象外対象外対象外対象外20%(一部のみ)全て2%クレカ等
モニタ(ROI)15%15%対象外対象外対象外2%モニタ(ROI)
モニタ(テンタメ)対象外15%対象外対象外取扱なし取扱なしモニタ(テンタメ)
レシポ対象外15%対象外取扱なし対象外取扱なしレシポ
最高ランクに
なる条件
条件16ヶ月間の広告利用回数
12回
6ヶ月間の広告利用回数
12回
会員登録時から累計
1万円相当を獲得
6ヶ月間のお買い物
承認回数15回以上
6ヶ月間の対象承認回数
20回以上
6ヶ月間の広告利用回数
20回以上
条件1最高ランクに
なる条件
and/orまたはかつかつまたはまたはand/or
条件26ヶ月間15000円相当を
獲得
6ヶ月間合計150円相当
以上を獲得
対象ポイントを300円
相当以上を獲得※1
6ヶ月間合計15000円
相当以上獲得
6ヶ月間の1万円
相当以上を獲得
条件2
特徴プラチナになり、会員
1年経過していれば
ゴールド維持(10%保証)
 honto裏技が可能※2一度プラチナになると
永久に7%維持
Amozonはボーナス対象で
はないが、承認回数の
カウントの対象にはなる
会員登録から3ヶ月間
はゴールド(15%)
trivago裏技が可能 ※4特徴
プラチナならAmazon
iTunesギフト、nanaco
に交換すると1%~5%up
  honto裏技が可能※2ネットマイルカード
を所有すると永久的に
ゴールド(15%保証)
 
honto裏技が可能※2   会員5年以上かつ獲得数
5万円相当以上でゴール
ド(15%保証)
 
    アプリDL裏技が可能※3 

※1 対象ポイント:ショッピング、検索、アンケート
※2 honto(電子書籍)で数十円の安い電子書籍を15回購入することで条件を達成できる。詳細は「【ポイントタウン】でプラチナ会員に簡単になる方法!+15%ボーナスを貰おう
※3 無料アプリのダウンロードが承認回数にカウントされる。
※4 torivago(トリバゴ)経由でホテルの詳細ページを閲覧するだけで、利用回数にカウントされる。

コメント

ちょびリッチとポイントタウン

モニター重視ならちょびリッチかポイントタウンの2択。モニター案件の内容は同じなので、1年後ゴールド以上が保証されるのに魅力を感じるならちょびリッチ、100%還元を重視するならポイントタウンを選ぶ。

 

ポイントインカム

モニターは対象外、100%還元も一部しか対象にならないが、それらをしない人には、累計1万円相当で永久に+7%を維持できるのでおすすめ◯

 

ECナビ

承認回数にAmazonが使えるのは良いが、ボーナス対象がショッピングに限られるのが✕

 

すぐたま

クレカの一部は対象だが、年間費無料の高額ポイント案件の多くは対象外。100%還元商品、モニターの取扱いはなく、レシポも対象外のため△

 

ハピタス

全ての案件が+2%の対象になるので高額案件をする人はGood◎

 

 

 

新規会員登録リンク一覧

最後に、本記事でおすすめしたポイントサイトの新規会員登録ページをまとめておきます。まだ希望のポイントサイトに登録していない場合は、こちらからご登録ください。

多くのポイントサイトは、Google検索などで直接公式サイトにアクセスして登録する人より、誰かの紹介で登録する人を優遇します。上のリンクは紹介用リンクになっているので、ここから登録するとかっこ内で記載した金額分のポイントがもらえます。(紹介で登録しないと貰えません)。もらえるものは貰っておきましょう!

 

 

 

最後に

かなりの長文記事になってしまいました。最後までお読みいただきありがとうございます。

 

あなたのポイ活スタイルにあった、貯めやすいポイントサイトが見つかれば幸いです。

 

それでは!

 

 

関連記事