ドットマネーは完全無料のポイント交換できる中継サイト!増量キャンペーンで増えることも!

ポイントサイトは貯めたポイントを銀行振込などで現金化する場合、数十円~数百円の手数料がかかるところがほとんどです。

せっかく貯めたポイントを手数料で引かれてしまうのはもったいないですよね?

そんな時にぜひ使いたいのが今回解説するドットマネーです。

 

ドットマネーは、複数のポイントサイトのポイントを集約し、まとめて銀行振込や各種ポイントへ交換できる「ポイント中継サイト」のようなものです。

ドットマネーとは中継サイト

複数のポイントサイトで散らばってしまった数十~数百ポイントを一カ所に集めてまとめて現金化する時に使うのが一般的な使い方です。

 

ドットマネーのすごいところは、ポイントを集約するときも、交換するときもすべて手数料無料でできる点です!

手数料無料どころか頻繁にキャンペーンを開催しているので、うまく活用すると数%~20%程度ポイントが増えることもあります。

もちろんドットマネーの会員登録、月額利用料などの費用は一切かかりません。

すたりく
完全に手出しゼロで利用できます

ドットマネーはポイ活には必須のサイトなので、ぜひ本記事で使い方を覚えて効率よくポイントを貯めましょう!

ドットマネーとは?どんな交換先でも手数料無料で交換できる!

ドットマネーとは

サイト名 株式会社ドットマネー
ポイントレート 1マネー=1円相当
最低交換額 1円~。300円以上がメイン
交換手数料 すべて無料
主な交換先 ・銀行振込
・Amazonギフト券
・iTunesギフトコード
・dポイント
・nanaco
・WAON ポイントなど

ドットマネーは「アメブロ」に代表される株式会社サイバーエージェントのグループ企業が運営する、国内最大級のポイント交換サイトです。

ドットマネーは2016年12月にできた新しいサイトです。

利用者はなんと1100万人!

 

手数料が無料、豊富なキャンペーンなど強力な魅力があるため、あっという間にポイ活に必須のサイトになりました。

ドットマネーではポイントのことをマネーと呼び、1マネー=1円相当です。

POINT
1マネー=1円相当

ドットマネーのアプリはiOS版もAndroid版も存在しません。

すでにAmebaに登録している方は、そのIDでドットマネーも利用できます。

まだドットマネーに登録されてない方は、ドットマネー公式サイトから登録しましょう。

公式ドットマネー

うきち
たった数年で利用者1100万人ってすごいね!
すたりく
そうだね。どうしてドットマネーが人気なのかその理由を紹介するね

 

目次に戻る

ドットマネーが人気の4つの理由

今や巨大中継サイトとなったドットマネーですが、これほど短期間で会員数が増えた理由は次の4つです。

順に紹介します。

 

多くのポイントサイトと提携している

ドットマネーの魅力は、ポイントをまとめられる提携ポイントサイトが非常に充実している点です。

有名どころのポイントサイトはほぼすべて提携しており、ポイントをドットマネーに交換できます。

提携ポイントサイトの一例です。

  • モッピー
  • ハピタス
  • ポイントインカム
  • ちょびリッチ
  • ライフメディア
  • ポイントタウン
  • ワラウ
  • アメフリ
  • げん玉
  • Get Money!

有名どころのポイントサイトはほぼすべて対応しています。

ドットマネーのライバルである「PeX」と同じ運営会社であるECナビだけは提携していません。

その他、セゾンのポイント「永久不滅ポイント」やアフィリエイトサイトとも提携しています。

 

ドットマネー提携サイト一覧

詳しい交換先はこちらです。

ドットマネー交換先

 

目次に戻る

入れる時も出す時も交換手数料が無料

すたりく
ドットマネーの最大の魅力がこれ!

 

ポイントサイトからドットマネーに移行するときも、ドットマネーから交換するときも一切手数料がかかりません。

入れる時も出す時も手数料無料
  1. 各ポイントサイト → ドットマネー
    手数料無料
  2. ドットマネー → 希望の交換先
    手数料無料

ポイントサイトの多くは銀行口座へ交換する際には数十円~数百円の交換手数料が取られるので、ドットマネーを間にかませば満額現金化できます。

すたりく
せっかく貯めたポイントは満額もらいたいよね

 

目次に戻る

交換期間が早い

手数料無料になるといってもドットマネーにポイントを移行するのに時間がかかると魅力半減ですが、交換にかかる時間も早いのでその心配はありません。

モッピーやポイントタウン、ちょびリッチはリアルタイムで交換完了するのでとってもスピーディーです。

ポイント移行元 交換にかかる日数
モッピー リアルタイム
ハピタス 3営業日
ポイントインカム 翌営業日
ポイントタウン リアルタイム
ライフメディア 翌営業日
ワラウ 翌営業日
ちょびリッチ リアルタイム
アメフリ 5営業日
Get Money! 4営業日

 

ドットマネーから希望の交換先に移行するのも3~7営業日以内に移行できるのでスピーディーです。

交換先 交換にかかる日数
各種銀行 5営業日
ゆうちょ銀行 7営業日
楽天ポイント 3営業日
Ponta 3営業日
Amazonギフト券 3営業日
iTunesギフトコード 3営業日
WebMoney 3営業日
nanacoポイント 4営業日
dポイント 3営業日
Google Play ギフトコード 4営業日
楽天Edy 3営業日
Tポイント 4営業日

 

目次に戻る

ポイントが増えるキャンペーンがある

ドットマネーでは毎月「ポイント増量キャンペーン」が開催されます。

 

2020年7月のキャンペーンでは「QUOカードPay」に交換するだけで20%ポイントアップされました。

すたりく
上の図のように3,000マネーを交換したら3,600円分に。
上限は10万円というかなりの太っ腹な企画です

 

また、人気のAmazonギフト券は常に1%、iTunesギフトコードへの交換は常に2%増量されます。

amazon iTunesギフトコード

常時、Amazonギフト券は1%、iTunesギフトコードは2%増量

また、大幅にポイントが増える交換キャンペーンも開催されるので、毎月1日はチェックしましょう。

本記事後半でも紹介しています。

 

うきち
ドットマネーのデメリットってあるの?
すたりく
次はデメリットを紹介するね

 

目次に戻る

ドットマネーのデメリット・注意点

交換手数料無料、提携サイトも豊富なドットマネーですが、次の3つのデメリットがあります。

 

有効期限が短い

ドットマネーのマネー(ポイント)には有効期限があります。

マネーの有効期限
  1. 通常)マネー:6カ月後の月末
  2. (キャンペーン)ボーナスマネー:付与された当月末

通常のマネー(ポイント)は半年経てば失効してしまいます。

なるべく早めに最終目的地へ交換しましょう。

 

また増額キャンペーンなどで付与されるボーナスマネーは付与された月の月末が有効期限になっています。

通常、月の真ん中頃に付与されるので、2週間程度しか有効期限がありません。

うっかりするとすぐに失効するのでカレンダーに入力して忘れないようにしましょう。

 

目次に戻る

交換先が多くない

先に紹介した通り、ドットマネーは多くのポイントサイトなどからポイントを入れることができます。

ですが、貯めたマネー(ポイント)を交換する先はそれほど多くありません。

ドットマネーの交換先一覧

マネー交換先

公式マネーの交換先一覧

すたりく
ライバルのPeXはもっと充実しています

ドットマネーも年々交換先の数も増やしていますし、メインどころは網羅されているので実際に不便に思ったことはありませんが。

 

交換先の数ではPeXの方が多いですが、PeXは現金化する場合交換手数料が50~100円かかるので、銀行振込するならドットマネーがイチ押しです。詳しくは本記事内の「PeXとの比較」で解説しています。

 

目次に戻る

ギフトコードを使って他人にポイントを移行するのは禁止

ポイントサイトからドットマネーに交換する方法には2種類あります。

直接交換

  • ポイントサイト→ドットマネーの口座
ドットマネーギフトコード経由

  • ポイントサイト→ギフトコード→ドットマネーの口座に登録
すたりく
2つ目はアマゾンギフト券と似たような使い方です

多くのポイントサイトでは直接交換の方式を取っています。

ギフトコード経由ができるのは、

  • ハピタス
  • ちょびリッチ

の2サイトです。

ギフトコード経由の実際の流れは、

STEP.1
ハピタスなどでドットマネーコードの交換申請をする
STEP.2
メールでギフトコードが届く
STEP.3
ギフトコードをドットマネーに登録する

Amazonギフト券と似たような流れです。

うきち
じゃあ妻名義のポイントサイトからギフトコードを発行して、夫名義のドットマネーに登録すれば家族間でポイントを融通し合えるね
すたりく
実はこれ規約上は禁止なんです

第20条(禁止事項)
(14) 自らが保有するマネーを、第三者に対し共有、合算、譲渡、承継、貸与、質入れまたは担保供与その他の方法により利用させまたは処分する行為

引用元:ドットマネー-利用規約

 

“自らが保有するマネー“は自分が発行したギフトコードも含まれるというのが公式見解のため、自分以外のドットマネー口座に登録すれば規約違反になります。

 

ドットマネーギフトコードは、「ヤフオク」などで大量に取引されています。

ヤフオク

つまり、これらを購入して登録することも禁止です。

違反が見つかった場合、ギフトコードの無効になる可能性もあるのでご注意ください。

ただ、実際のところギフトコードの名義と登録したドットマネーの名義のチェックはできないため、見つかる可能性はかなり低いです。あくまで自己責任でお願いします。

 

すたりく
ポイントの名義を変えたいならモッピーがおすすめ

モッピーの「モッピーpay」なら家族や友人にポイントを譲渡できます。

モッピーPAY2

モッピーpay

 

PC版のサイトからは見つけられませんが、スマホ版なら、「ポイント通帳」→「ポイント交換」→「moppy payで友達にポイントを送る」の項目があります。

モッピーPAY

公式のサービスなのでもちろん規約上問題なく、手数料無料なのでデメリットはありません。

陸マイラーなど家族間でポイントを融通したい方は、モッピーをメインに使うのがおすすめです。

 

 

うきち
デメリットの中で特に注意が必要なのはマネーの有効期限だね
すたりく
そう、キャンペーンなどで付与されたボーナスマネーは2週間程度、通常マネーは半年だから失効する前に交換してしまおう

 

目次に戻る

PeXとの比較

ドットマネーのライバルサイトとしてPeXもあります。

ここでは両者の違いを比較表でお見せします。

  ドットマネー PeX
交換手数料(現金) 無料 50~200円
交換手数料(その他) 無料 無料~100円
最低交換金額(現金) 1,000円 500円
最低交換金額(現金以外) 1円相当 10円相当
有効期限 6ヵ月(通常) 最終ログインから一年間。
当月末(ボーナス)  

PeXは現金への最低交換額が500円と低く、ポイントの有効期限がログインするたびに延長される点がドットマネーより優れています。

一方、ドットマネーは交換手数料が無料というのが強力な魅力です。

 

目次に戻る

 

ドットマネーのマネーを貯める方法

ここまでドットマネーはあくまでポイント中継サイトとしての活用方法を紹介してきましたが、ドットマネー自体でもクレジットカードなどを発行してマネーを貯めることもできます。

ドットマネーモールで貯める

ドットマネーモール

ドットマネーモール

ドットマネーでは「ドットマネーモール」というページで広告案件を紹介しているのでマネーを貯められます。

ドットマネーモールでは、

  • アプリインストール
  • クレジットカード案件

などがメインで取り扱っています。

アプリで貯める

広告案件で貯める

ですが、ポイント数が決して高くないので次に紹介するようなモッピーなど外部のポイントサイトで広告案件をしたほうがよほど稼げます。

 

目次に戻る

ポイントサイトのポイントを移行して貯める

ドットマネーのマネーを貯めるときは、モッピーなどの他のポイントサイトで貯めたポイントを交換するのがベストです。

どのポイントサイトがポイントが稼ぎやすいかは、次の記事でランキング形式で紹介しているのでチェックしてみてください。

ガッツリ稼ぎたい人向けのおすすめポイントサイト【2020年8月】ガッツリ稼ぎたい人におすすめの最強ポイントサイト9選:貯めやすさを徹底比較
すたりく
どのポイントサイトを使うかによって稼げる額が大きく変わるから要チェックです

 

目次に戻る

おすすめのドットマネーからの交換先

交換完了したドットマネーについて、おすすめの交換先をご紹介します。

銀行振込で現金化する

通常時、一番のおすすめは銀行振込で現金に交換することです。

銀行振込

銀行振込(一部抜粋)

最低1,000マネーから手数料無料で申請できて、全国の銀行に対応しています。

5営業日(土日・祝日を除く)以内で交換が完了します。(ゆうちょ銀行のみ、土日・祝日を除いた7営業日かかります)

公式銀行振込

主要な交換先の最低交換額および交換にかかる日数はをさっと見たい場合は下をタップして展開してください。

交換先 最低交換額 交換予定日
楽天銀行 1,000マネー➡1,000円 5営業日以内
ジャパンネット銀行 2,000マネー➡2,000円 5営業日以内
住信SBIネット銀行 2,000マネー➡2,000円 5営業日以内
三菱東京UFJ銀行 1,000マネー➡1,000円 5営業日以内
ゆうちょ銀行 1,000マネー➡1,000円 7営業日以内
三井住友銀行 1,000マネー➡1,000円 5営業日以内
みずほ銀行 1,000マネー➡1,000円 5営業日以内
新生銀行 2,000マネー➡2,000円 5営業日以内
その他の銀行 2,000マネー➡2,000円 5営業日以内
Amazonギフト券 297マネー➡300円分 3営業日以内
iTunesギフトコード 490マネー➡500円分 3営業日以内
Google Play ギフトコード 500マネー➡500円分 4営業日以内
dポイント 300マネー➡300ポイント 6~8週間
nanacoポイント 300マネー➡300ポイント 4営業日以内
Pontaポイント 300マネー➡300ポイント 毎月1~15日申請は当月下旬頃
16~末日申請は翌月上旬頃
Tポイント 1,000マネー➡1,000ポイント 4営業日以内
WebMoney 300マネー➡300円分 3営業日以内
楽天Edy 1,000マネー➡1,000円分 3営業日以内
PayPal 1マネー➡1円分 6営業日以内
Vプリカ 500マネー➡500円分 3営業日以内
QUOカードPay 300マネー➡360円分 3営業日以内
Pollet(ポレット) 300マネー➡300円分 3営業日以内
ドコモ口座 300マネー➡300円分 3営業日以内
ココナラポイント 300マネー➡300ポイント 5営業日以内
リクルートポイント 300マネー➡300ポイント 5日程度
WAONポイント 300マネー➡300ポイント 3営業日以内
楽天スーパーポイント 300マネー➡300ポイント 3営業日以内
ANAマイレージクラブ 300マネー➡85マイル 交換申請月の翌月9日頃
JALマイレージバンク 500マネー➡260マイル 毎月1~15日申請は当月下旬頃
16~末日申請は翌月上旬頃
TOKYU POINT 300マネー➡300ポイント 毎月1~15日申請は当月下旬頃
16~末日申請は翌月上旬頃

 

 

目次に戻る

増額キャンペーンを狙う

ドットマネーでは、交換するとポイントが増える、お得なキャンペーンが頻繁に開催されています。

しかもかなり太っ腹!見逃さないようにしましょう。

 

2020年7月のキャンペーンの一例です。

QUOカードPay20%増量キャンペーン

QUOカードPay20%増量キャンペーン

ドットマネーをQUOカードPayに交換すると、20%増量されます。

(例)3,000マネーをQUOカードPayに交換で、QUOカードPay3,600円分

 

続いてこちらも2020年7月のキャンペーン例です。

ハピタスキャン-ペーン

ハピタス交換20%増量キャンペーン

ANAやJALなどのマイルを貯めたい方に特におすすめのキャンペーンです。

  • ドットマネーからハピタス新規登録し、7日以内の広告利用で500円分プレゼント
  • ハピタスからドットマネーに交換し、そのマネーを交通系ポイントに交換すると、ドットマネー20%増量

(例)1,000ポイントをドットマネーに交換する場合

  1. ハピタス1,000ポイント→1,000ドットマネー
  2. 1,000ドットマネー→JAL,ANA、東急ポイント1,000マイル(ポイント)
  3. 200ドットマネー獲得

 

またAmazonギフト券やiTunesギフトコード、ビットキャッシュなど、常に交換するとポイントが増量する交換先もあります。

すたりく
毎月1日にその月のキャンペーンが公表されるのでぜひ公式ページをチェックしてみてください。

 

目次に戻る

まとめ

ポイントサイトでは銀行振込には手数料がかかることが一般的です。

せっかく貯めたポイントを手数料で減らさないために、ドットマネーを使いましょう。

ドットマネーは手数料無料で好きな交換先へポイントを移行できます。

使い方も簡単なので、ぜい活用してくださいね。

 

 

稼ぎやすいポイントサイトは次の記事で紹介しています。

ガッツリ稼ぎたい人向けのおすすめポイントサイト【2020年8月】ガッツリ稼ぎたい人におすすめの最強ポイントサイト9選:貯めやすさを徹底比較