スタバに暮らす

おしゃれでおいしいスタバ。できることなら毎日通って、「スタバに暮らしてるみたい」なんて言われてみたい。

外食してたくさんお小遣いを貯める裏ワザ:外食モニター

外食モニター(覆面モニター)を徹底解説最終更新日:2017年10月27日

みなさんは外食によく行かれますか?最近は共働きも増えていることから平日は外で食べる方もいらっしゃるようですね。わたしもおいしいものを食べることが趣味のひとつなので、週に1回は外食しています。

 

その外食、損しているかもしれませんよ?

 

ちょっとしたことをするだけで、かかった費用の多くを取り戻す裏ワザがあります。あなたの隣のテーブルで食事をしていたお客さんは、あなたと同じような食事をしたのに、半額で済んでいるかもしれないのです。これはまさに知っている人だけが得をする裏ワザの典型例です。

 

裏ワザ 外食でお小遣い稼ぎ

 

「それ、クーポンとかでしょ?」

 

1割OFFとか1品無料とかそんなセコイ話ではありません。もっとすごいです!

 

月に1回外食するだけで3,000円~5,000円戻ってくる、そんなレベルの話なのです。もし月に2回外食する生活を1年続ければ、36,000円~60,000円にもなります。

高額案件は一回こっきり

ポイントサイトで一気に大量のポイントを獲得する方法としておすすめなのは、①クレジットカードの新規発行、②FXの開設&取引、③保険の無料相談の3つです。

これらの高額案件は、たった1案件こなすだけで6,000~20,000円相当のポイントを獲得できます。すごい威力ですよね。

 

しかし、この高額案件はどれも案件ごと1回しかポイントがもらえないというデメリットがあります。例えば、一度ポイントをもらったクレジットカードを解約→再度発行しても、2回目はポイントをもらえないのです。

また、クレジットカードはひと月に3、4枚~も発行しようとすると、多重申込として認識され審査落ちする可能性が高くなるため、発行するペースは月1~2枚が現実的です。

 

つまり、1年間でクレジットカード発行で得られるポイントの上限はある程度決まってしまうのです。

 

FX口座や保険の無料相談に関しては、同じ月にいくつ申し込もうと制限はありません。しかし、1年半以上続けていると大方のお得案件をやりつくしてしまうため、ペースが落ちてしまいます。

 

そんな困った状況の中、長く続けていくために強力にサポートしてくれるのが、今回紹介する「覆面モニター」案件です。覆面調査、またはミステリーショッパーと呼ばれることもあります。こちらを併用することにより、高額案件のペースを抑えることができるので、より安定的に、長期間お小遣い活動を続けることができます。

何回やってもOK!という革命

わたしがここまで絶賛している「覆面モニター」とはどんなものなのでしょう?

 

覆面モニター(覆面調査)とは
1.事前に店を決め、食事をしに行く。
2.お会計をし、レシートをもらう。
3.帰宅後、ネット上でかんたんなアンケートとレシートの画像をアップする。

 

たった3ステップだけです。後でお見せしますがアンケートも簡単です。

 

かんたんなアンケートに答えるだけで、食事代の30%~50%程度がポイントとして返ってくるのです。クレジットカードの審査もFX取引も必要ありません。ご飯を食べてアンケートに答えるだけですよ。

 

例えば、還元率50%のイタリアンレストランに、家族4人で食事をし、支払いが2万円だった場合、1万円分が戻ってくるのです。

獲得した1万円分のポイントは、電子マネーや銀行振込にして、また別の外食代に使うこともできますし、スタバに毎日通うための費用にすることもできます。

 

この裏ワザの良いところは、食事という生活する上で絶対に必要な活動から、お小遣いを生み出す事ができる点です。外食費がかかってしまいますが、どうせ覆面モニターをしなくたって外食するのであれば、お小遣いがもらえる方が良いに決まってますよね。

 

また、レストラン側が利益が少なくなるからといって、料理の質を下げるなんてことは決してありません。店側は、アンケートを通じて、接客態度や雰囲気、料理の質などを改善したいために費用を出しているのであって、クーポン等のように集客のためにしているのではありません。

 

そもそも、一般客を装って来店するので、見分けがつきません。従って提供される料理も普段とまったく同じです。

 

 

もしクーポンなどで1万円分の得をしようと思ったら、大変ですよね。使える時間帯やプラン等が決まっている場合もありますから、それらを把握して何軒も通わないと達成できないでしょう。

 

それが、たった1回、家族4人で外食するだけで達成できてしまうのです。一例として、家族4人で食事の例を出しましたが、人数は2人でも10人でも構いません。1人でもOKのお店もあります。

 

覆面モニターを完了するために必要なものとして、先ほど「レシート」と書きました。このレシートは、支払いがあなたでなくてもいいんです。支払いがだれかということは、関係なく、アンケートとレシート画像を提出した人がもらえる仕組みです。親子で食事して、親が支払ったレシートをもらって、ポイントだけあなたがもらうなんてことも可能なんです。

覆面モニターはちょびリッチ

覆面モニター(覆面調査)案件は、ハピタスにはありません。そのため「ちょびリッチ」で行います。

ちょびリッチ以外でもポイントタウンやGetmoney!、ポイントインカム、Gポイント、ファンくるでも同じ覆面モニターを行えます。操作方法はほとんど同じなので、ここではちょびリッチを使って説明します。

 

実際に、ちょびリッチで「覆面モニター」を見てみましょう。まず、スマホ版ではTOPページの右下にある「もっと見る」をタップ後、モニターをタップします。

スマホ版ちょびリッチ トップ画面

続いて、「ちょびリッチモニター」を選択します。

ちょびリッチモニターを選択

 

PC版では、TOPページの「モニターで貯める」をクリック後、「ちょびリッチモニター」をクリック。

PC版ちょびリッチ トップ画面

 

選択しなかった方の「ちょびリッチ×テンタメ」は後ほど説明するので、ひとまず話をすすめます。

都道府県、エリア、ジャンルを選択

まず、「エリアから探す」をクリックします。都道府県、エリア、ジャンルを選択します。

例として、東京都、エリアは指定せず「全てのエリア」のまま、ジャンルは「グルメ」を選択し「検索」ボタンを押します。

 

すると、ずらずらと対象の飲食店が表示されます。良い案件を見つけやすくするために並び替えをしましょう。

謝礼順に並び替え

「謝礼順」を押して並び替えます。すると還元率%の高い順に表示されます。1つ例にとって、解説します。例えばこちらのお店。

モニターの一例

赤くマークした箇所に注目してください。

・飲食代金の60%

・上限40,000ちょびポイント

 

と書かれています。ちょびリッチのポイントの単位は「ちょびポイント」と呼んでいますが、2ちょびポイントで1円の価値になります。上限40,000ちょびポイントということは上限20,000円とイコールです。

 

以上を踏まえますと、この飲食店では支払った金額の60%が還元され最大2万円まで可能となります。仮に10名程度の飲み会に使い、支払が計40,000円だった場合、その60%分の24,000円分の48,000ちょびポイントがもらえるはずですが、この案件は上限が40,000ちょびポイントですので、実際もらえるのも40,000ちょびポイントまでになります。

 

40,000ちょびポイントは、手数料無料で2万円分のAmazonギフト券に交換できますし、ネット銀行なら手数料無料、その他の銀行なら手数料150円で現金化することができます。

 

一例で飲み会用の案件をご紹介しましたが、1名でできるお店、2名以上でできるお店も当然あります。(わたしは50%還元のお店に2名でいくことが一番多いです。)

対象の店舗は随時拡大中

対象の店舗はどんどん増えています。飲食店側も客の生の声を聞けてサービスの向上に活かせるとあって、利用する店舗が増えているようです。都市部が中心ではあるものの、随時拡大しているので、いずれは地方でも店舗数が増えてくると思います。(この一年強で京都は50店舗→150店舗に増えました)

今現在、店舗数が少ない地域の人も諦めずにときどきチェックするようにしてください。

大人数の場合は、還元率より上限に注目

還元率%が高くても上限が低い場合は結局もらえるポイントがそこで頭打ちになってしまいます。ラーメンなどの単価が安い店が多いです。

人数が多い場合は、還元率が低くても上限が高い店に注目してください。このような店はまさに飲み会にピッタリのお店です。例えばこちらのお店。

謝礼の上限なしのサンプル

 

すごいことに上限がありません!まじですか。例えば10万円の会計だった場合、その30%で3万円分のポイントがもらえるんです。サークルや職場の飲み会の幹事をされた方ならお分かりの通り、10万円くらいの支払いになることはありますよね。

お盆や正月の親戚の集まりなどでも使えるかもしれません。

人気店を確保する方法

お得な情報はあっという間に広がります。参加者が多いということはお得であることのバロメータでもあるのですが、覆面モニターも昨今、人気となっており人気店の競争が激しくなっています。

 

そこで人気店を抑えるコツを書いておきます。

 

店舗ごと一カ月当たりの調査人数が決まっています。多いところは10名、少ないところは3名など。人数が埋まってしまえば、その月の募集は終わりとなってしまいます。募集枠がリセット&再開されるのは、毎月1日の午前0時00分になります。

目当てのお店は月末までに調べておき、0時ジャストに申し込むようにしてください。

 

しかし、ライバルも0時ジャストにアクセスするため、サーバーが混雑してまったく繋がらないこともしばしば。毎月そんな格闘をするのが嫌な人は、少し時間をずらすのも手です。

経験上、0:45を過ぎると比較的繋がるようになります。おそらく、ライバル達も眠くなってこのあたりで脱落するのではないかと思います。あえて0時ジャストを狙わず、0:45以降にチャレンジしてみてください。

 

また、先に取られてしまった場合も諦めないでください。私の経験上、よくキャンセルが発生します。こまめにサイトをチェックして募集が再開していないか確認してもいいのですが、大変ですよね。そこで、もっともキャンセルが発生しやすい日に確認しましょう。

 

もっともキャンセルが発生しやすい日を調べるには、目当ての店舗の「提出期限」をチェックします。たとえば、この店舗の場合、

提出期限をチェック

提出期限が「当選確定した日から4日間」とあります。人気店であれば間違いなく当選日は毎月1日でしょうから、その提出期限は4日の24時となります。そのため、4日中にキャンセルが発生することが多いです。(行けないことが分かってもギリギリまで手続きを先延ばしする人が多いようです)

また、キャンセル手続きをしない人も多いため、その場合はシステムで自動的に4日24時にキャンセル扱いになります。

そのため5日の0時から募集が再開します。しかし、自動キャンセルはリアルタイムで募集が再開しないこともあるようで、数時間枠が埋まったままのこともありました。遅くても翌日の朝には募集が再開しているので5日の早朝もチェックしてみてください。

 

提出期限は店舗毎に異なりますので、事前にチェックするクセを付けてください。

 

それでも、人気店を取れない場合は「ファンくる」を利用するのも手です。

覆面モニター案件は「ファンくる」が運営しているサービスで、それを他のポイントサイトにも提供しているのです。「ファンくる」には元締めである強みをいかして、有料の強力なサービスがあります。

ファンくる 選考応募サービス

翌月モニター先行応募サービス-ファンくる

翌月のモニターに3,000pt(300円相当)を使って先に応募できるサービスです。ただし、当選が確約されるわけではなく、抽選が行われるそうです。しかし、まだまだ先行サービスを使う人も少ないようで、わたしの実績では必ず当選しています。

 

万が一、落選した場合はポイントは返還されますし、当選しても毎月1日の23時までならキャンセルしても返還されます。また、先行応募サービスで当選した場合、アンケート&レシート画像の提出が10日間と通常より長くなります。

 

ファンくる キャンセル待ちサービス

キャンセル待ちサービス-ファンくる

もう一つ、キャンセル待ちというサービスがあります。キャンセルされたか調べるのが面倒という場合、3,000pt(300円相当)払えば、キャンセルが発生次第、あなたに当選権利が回ってきます。当選権利は2日間確保してもらえ、その期間中に辞退してもポイントはきちんと返還されます。また、キャンセルが発生しなかった場合も返還されるので、ご安心を。

人気店を押さえたいという方は、「ファンくる」の会員登録をおススメします。こちらのバナーから登録すると300円相当のポイントがもらえます。Google検索などで直接公式サイトにアクセスして会員登録すると貰えませんのでご注意ください。

ファンくる 新規会員登録

外食だけじゃない!美容系モニター

モニター案件は外食だけではありません。他にどのようなものがあるかいくつかお見せします。

美容系モニターのいろいろ

脱毛、ヘアサロン、痩身、ホットヨガ、整体、まつ毛エクステ、などなど女性向けサービスがたくさんあります。還元率も高く100%還元の案件も多いです。

利用できる方は、外食モニターとあわせて利用しては如何でしょうか。

もう一つの小粒のモニター案件

モニター案件は、ハピタスを除いて多くのポイントサイトで行うことができます。ですが、実際モニター案件を作っているのは、2つだけになります。一つは「ファンくる」系と、もう一つは「テンタメ」系になります。各ポイントサイトでは、どちらか(または両方)からモニター案件を提供してもらって自社のサイトで掲載しているのです。

 

ちょびリッチでは、両方から提供されています。これまで、説明してきた覆面モニター案件は、「ファンくる」系のものになります。

 

もう一方の「テンタメ」系のモニターについても簡単に説明します。先ほどは選ばなかった右側の「ちょびリッチ×テンタメ」をタップします。

ちょびリッチ×テンタメ

こちらのモニターは、外食の調査ではなく、新発売などの商品を購入して、かかった費用の数%をポイントで受け取れる仕組みです。

テンタメ系モニターの例

野菜ジュースやビール、健康商品、化粧品など比較的安いものが多いです。オークションで転売するにも価格が安く手間ばかりかかるので、基本的には自分で使うものを中心に利用しましょう。

 

 

再び、ファンくる系に話を戻しますと、テンタメ同様に購入商品に対するモニター案件もあります。

ファンくる系の商品モニターは裏ワザが可能!

こちらも購入代金が安いので外食ほどインパクトがないのですが、ある強力な裏ワザが使えます。知っていると楽に大量のポイントを貯められるので、ぜひ以下の記事をお読みください。

www.starbucksfreak.com

モニター案件のためにハピタス以外のポイントサイトに登録しよう

外食の覆面調査や商品のモニター案件を行うにはちょびリッチなどのポイントサイトの登録が必要です。

ちょびリッチへの登録は以下のバナーからできます。登録後、登録月の月末までに1ポイント以上獲得すると、500ptがもらえます。アプリのダウンロードなど、即時ポイント付与の案件をすぐにこなして、必ず500pt貰ってくださいね。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ポイントタウンはちょっとだけお得

ポイントタウンというポイントサイトでは「ファンくる」系のモニターができるのですが、他のサイトより少しだけお得になることがあります。

 

ポイントタウンには、「会員ランク制度」というボーナス制度があります。よく使う人ほど恩恵が受けられるようになっています。

ポイントタウンの会員ランク制度

一番上の会員ランクである「プラチナ」会員になると、ポイントに最高15%のボーナスがつきます。すごいですね。

ポイントタウンのプラチナ会員は+15%

でも、勘違いしやすいのですが、覆面モニター案件が50%還元だった場合、65%になるわけではありませんよ。50%の15%分が上乗せになるので、50×15%=7.5%分が加わり57.5%分がポイントで返ってくることになります。それでも結構大きいですよね。

 

会員ランクを上げるには下記の条件をクリアする必要があります。

プラチナランクの条件

最高ランクのプラチナになるには、「過去6ヶ月で対象サービス承認回数12回」と「過去6ヶ月で対象サービス獲得ポイント数3,000pt」の2つの条件を達成しなければなりません。ポイントタウンは20ptで1円相当ですから、3,000ptとは150円相当です。

 

「獲得ポイント数3,000pt」は、覆面モニターを1度すればあっという間に達成できるので心配ありませんが、「承認回数12回」を満たすのは、なかなかノルマが高いですよね。でも大丈夫です。みんながやっている簡単な方法があります。

 

その方法は、10円、20円という安い買い物を12回繰り返すいう至ってシンプルなものです(笑)

詳しくは、こちらの記事をお読みください。

www.starbucksfreak.com

まとめ

如何だったでしょうか?

いつも外食しているお店をちょっと変えるだけで、高額のポイントバックを受けられる。しかも、このサービスが終わらない限り、半永久的に可能。同じ店にリピートもOK。

 

これは利用しない手はないですよね。

みなさんの外食の頻度にもよりますが、毎月モニター案件をこなしていけば、年間かなりのお小遣いが貯まります。ぜひ、クレジットカード新規発行などの主力とあわせて、ご利用ください。

関連記事

アンケートって大変?

美味しくない店ばかりじゃないの?

お店の選び方はどうする?

 

これらの疑問を解消してもらうため、わたしが実践したモニター案件をお見せします。特に、アンケートの内容が心配な方は、参考になるかともいます。ぜひお読みください。

www.starbucksfreak.com

www.starbucksfreak.com

www.starbucksfreak.com